フランスから英国に向けて、イギリス海峡をボートで渡る救命胴衣を着た移民たち(2020年9月11日撮影、資料写真)。(c)Sameer Al-DOUMY / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英イングランド南岸沖で25日、タンカー「ネイブ・アンドロメダ(Nave Andromeda)」の乗組員らが密航者に脅されて船内の安全な場所に隠れざるを得ない事態となり、英軍の兵士が同船に乗り込み、容疑者7人を拘束した。国防省が明らかにした。

 英国防省は、ツイッター(Twitter)で、「警察の要請に応じ、国防相と内相は、軍の要員がイギリス海峡(English Channel)で乗っ取られた疑いのある船舶に乗り込むことを許可した」「軍は同船を掌握し、7人を拘束した」と明らかにし、乗組員は無事だと付け加えた。

 これに先立ち、イングランド南部ハンプシャー(Hampshire)州の警察は、密航者が乗組員を言葉で脅迫したが、負傷者は報告されておらず、タンカーの周囲3マイル(約5キロ)への立ち入りを禁じたと発表していた。

 タンカーの所有者を代理する法律事務所、テータム・アンド・コー(Tatham & Co)はBBCに対し、この事案は「100%乗っ取りではない」として、発見された密航者らが船室に閉じ込められるのに抵抗したのだと説明した。

 このタンカーの船会社に近い筋もBBCに語ったところによると、乗組員はしばらく前から密航者の存在に気付いていた。船が英国に近づくと密航者が興奮したため、乗組員らは船内の安全な避難所に退避した。

 同船は原油4万2000トンを積んで先週ナイジェリアを出航。25日にイングランド南部のサウサンプトン(Southampton)に入港する予定だった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
パリ空港で仏旅客機下部から男児の遺体発見、アフリカから密航か
英海峡のイルカから高濃度の毒性物質、論文
船の上で200日…新生活求めたロヒンギャが語る恐怖の旅