ポートフォリオ

写真拡大

 運用はプロにお任せの投資信託。資産形成の強い味方だが、リスクを減らし安定した利益を得るためには「どんな投信を」「どのような比率で」保有するかが最重要。プロ厳選の鉄壁ポートフォリオをタイプ別に公開する!

◆【積極タイプ】株式100%でハイリターンを狙う!

 積極的にリターンを狙いにいくなら、株式100%のポートフォリオで運用したい。

「そもそもポートフォリオは、年齢を軸に考える必要があります。若ければ若いほど今後労働で資金を貯めることができるため、リスクを取ったポートフォリオを組めます。もしくは生活に必要なお金とは別に投資に回せる余裕資金が多い場合も同様です。逆に、定年が近づくほどリスクを抑えた運用が望ましいです」(投資信託・株初心者アドバイザー竹内弘樹氏)

 積極タイプの軸となるのは、外国株式型の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と国内株式型の「ニッセイ日経225インデックスファンド」。どちらも信託報酬が非常に低く、低コストで運用できる点が魅力だ。そして、ここに高リターンへの起爆剤としてアクティブ型を30%組み込みたい。

「オススメしたいのは『次世代通信関連 世界株式戦略ファンド』。“THE 5G”という愛称で知られるように、通信技術の発展によって業績面で恩恵を受けることが期待される世界各国の企業に集中して投資を行う投資信託です。アフターコロナは、企業によっての優勝劣敗の差がより明確に出る時代になると考えられます。次世代通信に関連する企業など、確実な成長が見込める企業へと投資を行うアクティブ型への投資はマストでしょう」(経済アナリスト田嶋智太郎氏)

 インデックス型で国内外の幅広い株式に投資を行いつつ、アクティブ型で成長企業に対してピンポイントで投資。これがアフターコロナにも動じない攻めのポートフォリオの鉄則なのだ。

<こんな人にオススメ>
リスクを取ってでもハイリターンがほしい!
・20〜30代
・独身で扶養義務のある家族がいない
・リスクを取ってでもハイリターンを狙いたい

年齢:35歳
家族:未婚
年収:500万円
資産:300万円
住居:持ち家(実家)
目標利回り:5〜10%

◆アクティブ型投信はこう選べ!
 ハイリターンが期待できるぶんリスクも高いアクティブ型。より慎重に選びたいところだが、まず着目すべきは「シャープレシオ」という指標。投資のリスクの大きさに比べてどれだけリターンを得られるか、という運用効率の高さを示す数値だ。

「国内株式型など、同じカテゴリー内で比較し、数値が大きければ大きいほど優秀。加えて、できれば過去3年以上好成績を残している商品を選びたいところです」(ファイナンシャルプランナー佐々木裕平氏)

 さらには、資金流入額の堅調さと純資産総額の適切さも併せてチェック。運用成績上位を占めるのは中小型株ファンドが多いが、適正な純資産総額は100億円以上。これを目安にしよう。

◆【攻守バランスタイプ】安定性のなかにも“攻め”を忘れるな
 攻めと守りのバランスを保ち、無理のない程度にリターンを得たい「バランスタイプ」。株式と債券の比率は7:3。「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」がメインだ。

「アメリカが5割程度 日本を含む先進国が4割程度、新興国1割程度と、全世界の株式の時価総額比率に応じて、適切に分散投資されているので、これ一本で世界経済の成長に乗っかることができる優秀な投信です」(投資信託・株初心者アドバイザー竹内弘樹氏)

 ここで注目したいのがアクティブ型を20%組み込んでいる点。経済アナリスト田嶋智太郎氏は「バランスタイプでもアクティブ型をしっかりと組み込むべき」と語る。