事務所から独立した場合、CMギャラはどうなるか(時事通信フォト)

写真拡大

 吉永小百合(75)は1億円、長澤まさみ(33)は8000万〜9000万円、新垣結衣(32)は7000万〜8000万円──。本誌・週刊ポストが入手した、最新の「ギャラリスト」に掲載された女優たちのCM契約料だ。これは、大手広告代理店がCM交渉のために作成したもので、金額はテレビCM単体の出演料ではなく新聞広告やイベント、インターネットなどへの露出も含めた「年間契約料」の相場を示している。

【表】腕を大きく出したブラウス姿、髪を耳に掛けた柴咲コウ。他、白カットソー姿の加藤綾子なども

 それを見ると、例えば女子アナでは滝川クリステル(43)や田中みな実(33)、加藤綾子(35)らが上位となっていることがわかる。

 またリストには、一流タレントなのに金額が記載されないケースもある。広告代理店のキャスティング担当者が語る。

「その理由は様々で、夏目三久(36)の場合、報道番組のキャスターをしているため、中立性を維持する観点から、事実上オファーが出せない。

 米倉涼子(45)と柴咲コウ(39)は事務所から独立したばかりでまだギャラの相場が定まっていない状況です。米倉さんはエイジングケアブランドの『CANADEL』のCMでダンスを披露しましたが、現場でもノリノリでアドリブも入れていたとか。いずれ最上位にくるはずです」

 人気者でも“扱い”が難しいのがアスリートだ。

「渋野日向子(21)や大坂なおみ(23)はもちろん引く手あまたですが、渋野はサントリー、大坂は日清食品に所属しているため調整が必要です」(同前)

 ちなみに瀬戸大也も1億円の大台に乗っていたが、不倫スキャンダルで「味の素」がCM契約を解除したことを受け、「急きょストップ案件になった」(同前)という。

 勢力図が刻一刻と変化している芸能界。次に「テレビCMの顔」に躍り出るのは誰か。

※週刊ポスト2020年10月30日号