ごく当たり前のことと思われてきたことに本質的な問いが突きつけられています(写真:y.uemura/PIXTA)

昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第29回。

リアルな講義がないことへの学生の不満

テレビ会議などを用いるオンライン化が進んでいます。オンライン営業、オンラインディーラー、オンライン保険契約等々。


この連載の一覧はこちら

「リモート観光」と称し、バーチャルで行けるという観光サービスもあります。

こうしたことが進展するにつれて、「どこまでをリモート化できるだろうか?」という問いが生じています。

逆に言えば、「テレビ会議のような手段では決して代替できないリアルのサービスはあるのだろうか?」という問いです。

完全リモート化が簡単ではない分野として、大学の講義があります。

「オンラインであれば、従来と同じ授業料ではおかしい」という不満が学生から上がっているのです。

学費が高いアメリカでは、とくにそうです。コロンビア大学、パデュー大学、ミシガン州立大学などの学生が返金を求めて訴訟を起こしています。

オンラインのみのカレッジが数分の1の費用で同様のコースを提供しているのに、リモートだけのクラスに3万ドル以上の学費を支払うのは不合理だ、という意見です。

留学生からも不満が出ています。アメリカの大学に留学が決まった日本人学生。しかし、アメリカに行くことができず、日本の自宅でオンラインの講義を聞くだけ。それなのに、高額の学費を払わなければなりません

また、「小、中、高校がリアルな授業を再開しているのに、なぜ大学だけがオンラインを続けるのか」という不満を持っている学生が多いようです。

通常、オンライン講義に対して問題とされるのは、次のようなことです。

対応できない教員がいる、回線容量が十分でない、機器を持っていない学生がいる、自宅の部屋が見えてしまう、等々。

こうした問題が現実に大きな制約になりうるのは事実ですが、これらは、原理的には解決可能なものといえるでしょう。

実際、大学のオンライン講義はかなり進展しています。

文部科学省が、全国の大学と高等専門学校の1060校について、9月以降の後期授業の実施方法を調査した結果によると、すべての授業を対面で行うのは19.3%にすぎず、80.1%はオンラインなどの遠隔授業との併用です。

上で述べた学生の不満は、こうしたこととは異質のものです。

そこで提起されているのは、「オンライン講義では代替しえないものがある」、したがって「オンライン講義に伴う技術的問題が解決されたとしても、なおリアルな講義が必要」ということです。

これは、大学教育の本質的に関わる難しい問題を含んでいます。

学生の選別と評価は重要な機能

単に知識を伝達するというだけのことなら、大教室で大勢の学生に講義をするより、オンラインで講義をするほうが優れている場合が少なくありません。

教員の顔もよく見えない大教室よりは、ずっとよいでしょう。また、資料共有なども行えます。

「教える=知識を与える」ということだけを考えれば、オンラインに格段の問題はないと思われます。

それにもかかわらず学生から不満の声が上がるのは、大学が提供している機能がこれだけではないことを示しています。それは、いったい何なのでしょうか?

第1に、学生の選別と評価があります。

「大学の機能が教えることだけではなく、学生を評価することにある」という意見は、昔から唱えられてきました。

まず、大学には学生定員があり、限られた人数しか入学できません。

したがって、とくに有名校の場合はそこに入学できただけで、すでに意味があるのです。

さらに、入学後の学生に対して試験を行い、採点し、最終的には卒業証書や学位を与えます。こうした評価は、その後就職などの機会に重要な意味を持ちます。

そのため、学生の能力を向上させるよりは、学生を評価することのほうが、大学の重要な機能だというのです。とくに文系の学部について、こうしたことが言われます。

では、オンラインでは学生を評価できないかといえば、もちろんそんなことはありません。

仮に学生定員を増やしてしまえばそうなるでしょうが、定員を変えない限りにおいては、条件はいまとあまり変わらないはずです。

オンラインでは試験をやりにくいということはあるでしょう。しかし、これに対しては、技術的に対応可能であると考えられます。

物理的な教室の収容能力の点から言えば、オンライン教育にして学生定員を増やすことが可能であるにもかかわらず、教員による評価の限界があるために、そして評価が極めて重要であるために、学生数は今とあまり大きく変えることができないということになります。

ただし、教員数を増やせば学生数を増やすことは可能でしょう。その意味で、教育産業が従来よりも量的に膨張することは十分考えられます。ただし、これは、大学よりは各種学校などで生じることではないかと考えられます。

第2に、「キャンパス生活」があります。

大学のキャンパスは美しく魅力的なところが多く、そこで過ごせるのは特権です。

偽学生としてキャンパスに出入りするのは可能でしょうが、それでは満足できない。「正式の学生としてキャンパスに出入りし、講義を聞く。それは生涯の思い出になる」という考えです。

これは、言ってみれば、大学とは高級遊園地、あるいは知的社交場のようなものだということです。

一員としてそこで活動できるのが重要

そこで何かを学んだり、評価をされたりすることよりは、その一員としてそこで活動できるのが重要だという考えです。

そして、そうした生活の中で友人を作る。それは一生の財産になるだろうという考えです。確かに、大学のクラス会や同窓会は、多くの人にとって重要な意味を持っているでしょう。

では、こうしたことが大学の存在する本質的な価値なのでしょうか?

知的社交場であれば、テレビ会議をうまく用いることによって提供できるような気もするのですが、どうでしょうか?

以上で述べた問題は、「新型コロナが終息してリアルな大学生活に戻せば、解決する」というものではありません。それでは、単なる惰性です。

オンライン教育に望ましい側面が多々あることは事実なのですから、コロナ後の世界においても、オンラインを活用し、かつそれに加えて、何かの本質的なサービスを提供することができれば、そうした大学が伸びるはずです。

かつてイギリスの詩人ジョン・メイスフィールドは、「この地上に大学より美しい場所はない」と賞賛しました。

大学のキャンパスには、オンラインでは決して代替できない本質的なものがあるのでしょうか?

あるいは、それは単に虚構にすぎなかったのでしょうか? または、単なるノスタルジーにすぎないのでしょうか?

単なる虚構だったのだとすれば、大学はMOOCSなどのオンライン型高等教育に取って代わられるでしょう。

大学のキャンパスに通って教室で講義を受けるのは、ごく当たり前のこととして、何百年も続けられてきました。そして、そのスタイルに本質的な挑戦を受けることはなかったのです。

いま、数百年にわたる大学の歴史において、初めて本質的な問いが突きつけられています。

リモートはロングテール需要に対応できる

音楽、演劇、バレエ、ミュージカルなどについて考えてみましょう。

リモートなら、世界一流の公演が簡単に見られます。リアルで三流のものを見たり聞いたりするより、こちらのほうがよいでしょう。

それだけではありません。リアルな公演には、制約が加わることが多いのです。

例えば、弦楽四重奏。これは室内楽なのですから、本来はすぐ近くで聞くものです。しかし、実際の演奏会では、遠くでしか聞けない場合が多いのです。

私は、弦楽四重奏をすぐ近くで聞いた経験が2度ほどありますが、遠くの舞台での演奏とはまったく違うことに驚きました。

その後、デジタル録音で超一流の演奏を聞けるようになり、こちらのほうがリアルな舞台を遠くで聞くよりいいことがわかりました。

バレエ、ミュージカル、演劇でもそうです。普通は遠くにある舞台を見ています。このため、細かい動きがわかりません。他方、オペラグラスで見ると、全体がどうなっているのかがよくわかりません。それよりは撮影された映像を見たほうがいい場合があります。

まとめれば、こういうことです。

リアルな劇場の最前列に近い席で世界最高の公演を見たり聞いたりすることができれば、もちろんそれはリモートより優れています。しかし、劇場の天井桟敷の席で柱の影に隠れて三流のパフォーマンスを見ることと、リモートを比べたらどうでしょうか? 多分リモートのほうが優れているでしょう。

リアルな公演には、もう1つの問題があります。

例えば、シェイクスピアの戯曲はいくつもありますが、実際の興行では、集客を考えると上演できるものに制約が加わります。

シェイクスピアの戯曲でそうなのですから、ましてや、名の知れない作者の作品には強い制約が加わるでしょう。

これはバレエについても言えます。上演されるのは「白鳥の湖」ばかりということになりかねません。

しかし、めったに上演されないものを見たいと考えている観客もいるのです。

リモート公演はロングテールに対応できる

これは「ロングテール」と言われる需要です。そうしたものにリアルで対応するのは難しいことです。

書籍については、アマゾンがロングテールに対応しました。それと同じことが、リモート公演でできるはずです。

旅行についても同じことが言えるかもしれません。

アフリカの奥地に行きたいのはやまやまながら、実際に旅行するのは極めて難しい。しかしリモートであれば行けるでしょう。

従来のような万人向けのテレビの旅行番組ではなくて、少数の人間の好みに応じたリモート旅行の提供がすでに始まっています。これも、ロングテール需要に対応しようというものです。

残った問題は、どのようにしてこうしたサービスの需要と供給をマッチングさせることができるかです。

原理的には、マッチングサイトを作ればよいわけです。インターネットには、すでにさまざまなモノやサービスのマッチングサイトが作られています。同じものが新しい分野にも作られることが期待されます。