【写真:Getty Images】

写真拡大

【ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ELグループI組第1節】

 ヨーロッパリーグ(EL)グループI組第1節、ビジャレアル対スィヴァススポルの試合が現地時間22日に行われ、ビジャレアルは5-3の勝利をおさめている。この試合で1得点2アシストの活躍を見せたビジャレアルの久保建英が、欧州サッカー連盟(UEFA)によるELグループリーグ第1節のベストイレブンに選出された。

 加入後初めて先発出場を果たした久保は13分、サミュエル・チュクウェゼが放ったシュートがスィヴァススポルのGKママドウ・サマッサに弾かれた後、素早く反応してこぼれ球をゴールにおしこみ先制点を決めた。20分には、久保の縦パスからカルロス・バッカが追加点。

 33分に失点した後、37分には久保のパスから相手のファールを誘発してPKを獲得。しかし、バッカのPKはGKサマッサに止められてしまう。43分にも失点して同点に追いつかれるが、57分に久保のコーナーキックからフアン・フォイトがゴールを決めて再びビジャレアルが勝ち越し。その後も点の取り合いとなるが、パコ・アルカセルの2ゴールによってビジャレアルが5-3の勝利をおさめている。

 UEFAはELグループリーグ第1節のベストイレブンを発表し、GKにはディナモ・ザグレブのドミニク・リヴァコヴィッチを選出。DFにはジェームズ・タヴェルニエ(レンジャーズ)、ダビド・ルイス(アーセナル)、フアン・フォイス(ビジャレアル)、シメン・ユクラレード(アントワープ)の4人を並べ、MFにはカリム・ベララビ(レバークーゼン)、クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム)、ナディーム・アミリ(レバークーゼン)、そして久保の4人を置いた。FWにはダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ)とユスフ・ヤズジュ(リール)が選ばれている。

text by 編集部