まず目を引くのは容姿だが…(時事通信フォト)

写真拡大

 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーによる初の単著『カズレーザーが解けなかったクイズ200問』(マガジンハウス)が10月29日の発売を前に注目を集めている。有名大卒のインテリ派芸人は多いが、それらと一線を画す彼の魅力はどこにあるのだろうか。

【写真】「桜を見る会」にも赤ずくめファッションで出席

 金髪に真っ赤な服装がトレードマークのカズレーザー。ド派手なファッションは自由奔放な遊び人のイメージを漂わせているものの、実は名門・同志社大学出身の“高学歴芸人”でもある。

 学歴だけではない。レギュラー出演している情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)をはじめとするワイドショーでは、時事問題など世の中の出来事に対する、歯に衣着せぬ物言いが反響を呼んできた。絶妙な“コメント力”を受けて、視聴者からは「ブレないコメントが好き」「何度も頷いてしまう」といった声が寄せられている。

 今年6月からは自身のYouTubeチャンネル「カズレーザーの50点塾」を開設しており、中学生に向けて歴史の授業をするというコンセプトの動画を公開している。

 10月17日に公開された動画では、視聴者から寄せられた質問にも回答。「生きている意味ってなんだと思いますか?」という難問に対して「生きてる意味はないと思いますね。僕は全くないと思って生きてますね。生きてる意味があると、意味に沿った行動をとらなきゃいけないので」と“名言”を発して話題を呼んだ。

 そんなカズレーザーは、初の単著のテーマがそうであるように、芸能界きってのクイズ好きとしても知られている。『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』や『くりぃむクイズ ミラクル9』(いずれもテレビ朝日系)といったバラエティ番組で活躍するほか、昨年にはクイズ好きのためのオンラインサロン「カズレーザーとクイズ天国・難問地獄(仮)」を開設。今年10月からは、自身の名を冠した競馬クイズ番組『クイズ!ウマレーザー』(TBS系)も放送を開始した。

 お笑いコンビ・ロザンの宇治原史規など他のインテリ派芸人とは趣が異なり、テレビ界で独特の存在感を放ち始めたカズレーザー。その魅力について、お笑い評論家のラリー遠田氏はこう分析する。

「クイズ番組で出題される問題は、学歴が高ければ解けるというものではありません。カズレーザーさんはもともと知識が豊富な上に知的好奇心が高く、クイズのための勉強を心から楽しめるからこそ、あれだけの結果を残しているのだと思います。

 頭の回転が速く、物事の本質を瞬時に見抜く洞察力があるため、情報番組でもニュースに対して鋭く的確なコメントをすることができます。

 また、カズレーザーさんには人間臭い感情の起伏がほとんど感じられず、他人に嫉妬したり、自分がどう見られるかを気にしたりすることなく、好きなことだけをやってのびのびと生きているように見えます。他人にどう見られるかを常に気にしているような人にとっては、マイペースを貫いている彼の生き方が魅力的に映るのでしょう」

 マイペースを貫き、好きなことを楽しむという姿勢が、単なる“高学歴芸人”とは異なるカズレーザーの魅力に繋がっているようだ。今後もますます注目を集めていくのではないだろうか。

●取材・文/細田成嗣(HEW)