夫の不倫の代償は高くつくのか(時事通信フォト)

写真拡大

 2020年はコロナ禍や相次ぐスキャンダル報道もあって、芸能界の“浮き沈み”が顕著になった。そうした中、本誌・週刊ポストは大手広告代理店がCM交渉のために作成した、最新の「ギャラリスト」を入手した。

【表】上位陣は1億レベル!女優・タレント、女子アナ…他、CMギャラランキング

 このリストの金額はテレビCM単体の出演料ではなく、新聞広告やイベント、インターネットなどへの露出も含めた「年間契約料」の相場を示している。本誌・週刊ポストが4年前(2016年8月26日号)に入手した同様のリストと比較した。

 出演映画が大ヒットした長澤まさみ(33)のCMギャラが4年前と比べて2000万円アップの「8000万〜9000万円」となる一方で、思わぬダウンだった女優・女性タレントも少なくない。

 たとえば、4年前に8000万〜9000万円だった浜崎あゆみ(42)は3000万〜3500万円と急落した。

「エイベックスの松浦勝人会長との交際秘話を明かした“暴露本”『M 愛すべき人がいて』で、奔放な印象が先行してしまった。『M』のドラマ化作品に女優として出演した田中みな実(33)のギャラが高騰しているのは皮肉ですね」(大手広告代理店関係者)

 代理店を悩ませているのが、「不倫スキャンダル」だ。当事者だけでなくその“家族”にも影響が出てしまうと語るのは、別の代理店のキャスティング担当者だ。

「東出昌大(32)と離婚した(34)や、渡部建(48)の妻の佐々木希(32)は、どちらも好感度が高く、夫たちより高額なギャラを稼ぎ出していたが、騒動の後はオファーを出しにくくなっている」

 また、話題を集めたのが風邪薬「コンタック」のCMに出演する広瀬すずの新型コロナ感染だ。

「もちろん広瀬さんに落ち度はありませんが、風邪薬の広告塔がウイルス感染というのはイメージ的には正直痛い。ただ広瀬さんは好感度バツグンなので、今後もCMは続く見込みです」(同前)

 最近はフリー女子アナの存在感も増している。

「田中みな実は加藤綾子(35)と同水準まで上がっており、滝川クリステル(43)に次ぐ高額ギャラです。ただし、新井恵理那(30)や鷲見玲奈(30)が台頭するなどこのジャンルの新陳代謝は早く、争いはシビアです」(同前)

※週刊ポスト2020年10月30日号