AppleはMagSafeに関するサポートドキュメントを更新し、MagSafe対応のレザーケースをつけてMagSafeでワイヤレス充電した場合に、ケースに円形の跡がつく可能性があると警告しています。

発売前に警告

iPhone12シリーズは全モデルでマグネットで充電位置を固定してくれるMagSafeを採用しています。MagSafe対応のケースなら、ケースをつけたままでもマグネットでの固定ができ、そのまま充電可能となるなど、これまでのワイヤレス充電をさらに便利にするものと大きな期待を集めています。
 

 
しかしAppleは「MagSafe対応のレザーケースに充電によって円形の跡がついてしまう可能性」をサポートドキュメントで公表しています。マグネットによる圧着と充電時の熱が影響すると考えられますが、レザーケースに跡がついてしまうと美しさが損なわれてしまうのは確実です。
 
なおMagSafe対応のレザーケースは11月6日発売とされており、販売前にこの事実が公表されたのはユーザーにとってはありがたいことかもしれません。ただすでに発売されているシリコンケースにも円形の跡が残るとの報告が上がっており、ケースを綺麗に使いたいユーザーにとって、MagSafeによる円形の跡は悩みの種になりそうな気配です。
 
 
Source:MacRumors
(KAZ)