学生にアカハラやセクハラなど 東京学芸大の准教授を諭旨解雇処分

ざっくり言うと

  • 東京学芸大学の50代の准教授が22日付で諭旨解雇処分となった
  • 学生に対してアカデミックハラスメントなどをしたとされている
  • 大学は「個人の尊厳を踏みにじる行為であって、言語道断」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x