往年の名車が蘇った!? 車名が復活したクルマ3選

写真拡大 (全5枚)

温故知新なのか、それとも安易な発想!?

 近年、日本だけでなく海外メーカーでも、かつて販売していたクルマの車名の復活が相次いでいます。そして、車名が復活する際には、大きく分けてふたつのパターンがあるようです。

見事に復活を果たすことになった往年のクルマたち

 ひとつは、フィアット「500」やダッジ「チャレンジャー」、フォード「ブロンコ」のように、車名だけでなく外観も旧モデルをオマージュしたデザインとなっているケース。

【画像】名前見ただけで懐かしい! 車名が復活したクルマの歴代モデルを見る(28枚)

 もうひとつは、単に車名だけが復活して、デザインやコンセプトが旧モデルとは異なるケースです。

 そこで、後者に該当するクルマのなかから、最新モデルを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「スターレット」

アフリカで販売されることになった新型「スターレット」

 トヨタを代表する大衆車といえば「カローラ」です。初代は1966年に発売されましたが、カローラ登場以前に大衆車として1961年に発売されたのが「パブリカ」です。

 そして、1973年にはパブリカの上級モデルとして、2ドアクーペ/4ドアセダンの「パブリカ・スターレット」が登場。1978年モデルチェンジで、2BOXのハッチバックスタイルとなったFR車の2代目「スターレット」が発売されました。

 さらに、1984年にはすべてが一新されたFFを採用した3代目がデビューし、軽量な車体に高性能なSOHCエンジンを搭載したグレードも設定され、スポーティなエントリーモデルとして人気となります。

 1996年に5代目が発売され、1999年に後継車の初代「ヴィッツ」の誕生により、スターレットは歴史に幕を閉じました。

 しかし、2020年9月1日にトヨタは豊田通商を通じて、新型スターレットをアフリカ47か国で順次発売すると発表。じつに21年ぶりにスターレットが復活することになりました。

 新型スターレットは、インドのマルチスズキで生産され日本でも2020年6月まで販売されていた、スズキのコンパクトカー「バレーノ」をベースとしたOEM車です。

 南アフリカ仕様ではボディサイズが全長3995mm×全幅1745mm×全高1470mmで、トヨタのエンブレムが装着されるフロントグリルはバレーノと異なる専用の意匠を採用。

 搭載されるエンジンは1.4リッターガソリンで、最高出力92馬力、最大トルク130Nmを発揮し、組み合わされるトランスミッションは4速ATと5速MTとなります。

 内装はバレーノに準じていますが、日本仕様よりもコストダウンを図りながらもパワーウインドウやディスプレイオーディオが設定されるなど、装備が充実。

 価格は日本円で約126万円からと安価で、アフリカの地で再びスターレットがエントリーカーとして復活を果たすことになります。

●ダイハツ「ロッキー」

コンパクトクロカン4駆からコンパクトSUVに変貌した新型「ロッキー」

 2019年11月に発売されたコンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」は、かつて販売していた本格的なクロスカントリー4WD車の名前を踏襲しています。

 初代「ロッキー」は、1990年に発売されたコンパクトなサイズのクロスカントリー4WD車です。日本だけでなく、北米や欧州でも販売されたグローバルカーとして開発されました。

 車体の構成はラダーフレームに3ドアのボディを架装する、本格的なクロカン車では定石といえるつくりです。

 サスペンションもフロントにダブルウイッシュボーン、リアはリーフスプリングを使ったリジッドアクスルとするなど、本格的な悪路走行を想定しています。

 外観はスクエアでスタイリッシュなフォルムのボディで、ちょうど現行モデルのスズキ「ジムニーシエラ」を彷彿とさせる2ドアワゴンタイプに、リアのルーフからサイドウインドウが取り外せるレジントップを採用。

 搭載されたエンジンは1.6リッター直列4気筒ガソリンのみとし、トランスミッションは当初5速MTだけでしたが、後に4速ATを追加しました。

 初代ロッキーはコンパクトなクロカン車としては一定のニーズがありましたが、スズキや三菱とのシェア争いにはかなわず、1997年に生産を終了。そして、22年の歳月を経て復活を果たしました。

 ちなみに、2020年6月に発売したSUVテイストの軽トールワゴン「タフト」も、過去に販売されていた同社のクロカン車の名前です。

かつてホンダの軽乗用車で主力車種だった名前も復活!

●ホンダ「ライフ」

中国仕様の「フィット」をベースとした新型「ライフ」

 1971年に発売されたホンダ初代「ライフ」は、大ヒットした「N360」の後継車としてデビューした、360cc水冷エンジンを搭載した軽乗用車です。

 その後、ホンダは一旦軽乗用車の製造から撤退しますが、1985年に550ccの軽ボンネットバンの初代「トゥデイ」を発売したことで、乗用車タイプの軽自動車市場へ本格的に復活。そして、1997年に2代目となる660ccの「ライフ」を発売します。

 2代目ライフは2代目トゥデイと主要なコンポーネンツを共有したトールワゴンタイプのモデルでしたが、軽乗用車のボディサイズの規格が変わる直前に発売されたことで、わずか1年半ほどで生産を終了するという、異常なほど短命に終わります。

 しかし、1998年には新規格に対応した3代目が発売されたので、販売が途切れることはありませんでした。

 2003年には4代目が登場。外観のデザインを一新しただけでなく、エンジンやトランスミッション、サスペンションなどを新開発としたことで、乗り心地やドライブフィールの質感が飛躍的に向上。

 そして、2008年に発売され、ライフで最後のモデルとなった5代目は、運転のしやすさをとくに追求したモデルです。

 プラットフォームを一新し、4代目よりも高くなった全高と視界の良さで、室内空間は広く感じられる作りになっていました。

 また、前方/側方/後方のすべてにおいて、車両感覚が掴みやすい視界と見切りの良さを実現し、運転に不慣れなユーザーにも人気を博します。

 発売時には上級グレードに、軽自動車初のバックモニター付オーディオを標準装備し、駐車時にハンドル操作アシストがおこなわれる「Hondaスマートパーキングアシスト・システム」も搭載するなど、安心・安全を高めていました。

 その後のマイナーチェンジで安全性や快適性向上のために装備の充実を図り、後継車の「N-WGN」登場後の2014年に生産を終了。

 そして、2020年10月15日に6年ぶりにライフは復活しました。新型ライフはホンダの中国の合弁会社である東風ホンダから販売されるコンパクトカーで、もうひとつの合弁会社である広汽ホンダが販売する中国仕様の「フィット」の兄弟車です。

 外観は、基本的には日本仕様のフィットに準じていますが、フィットがつるっとしたフロントグリルを採用(クロスター除く)しているのに対し、新型ライフはスタンダードモデルでもブラックのフロントグリルが装着され、差別化が図られています。

※ ※ ※

 過去に使っていた車名を復活させる理由は、ふたつあるようです。ひとつは知名度が高いということで、スターレットの復活は、まさに知名度の高さが理由とされました。

 もうひとつの理由は登録商標の問題で、新たな車名を登録するための労力や時間を考えたら、過去に登録した車名を復活させるのが合理的でしょう。

 なかでもユニークなのが、ホンダとスズキで、どちらも4輪車と2輪車を製造するメーカーですから、ホンダ「ジェイド」やスズキ「ハスラー」は、4輪車と2輪車の両方で使われています。