開幕戦のヴィクトリーナ姫路メンバー

写真拡大 (全3枚)

 バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)の2020-21シーズンが10月17日からスタート。ヴィクトリーナ姫路は17日の開幕戦で日立リヴァーレにセットカウント2-3と惜敗し、初戦を勝利で飾ることはできなかった。ヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)10月19日放送回の後半では、初戦を終えたばかりの貞包里穂選手と櫻井美樹選手のインタビューがオンエアされた。

貞包里穂選手(左)と櫻井美樹選手(© 2020 ヴィクトリーナ姫路)

――残念ながらフルセットで惜しくも負けてしまいました。開幕戦を終えて今の気持ちを教えてください。

貞包 チームとして、フルセットで負けたことは悔しいです。でも今までやってきたことをすべては出し切れていないので、次の試合に向けて今日の試合がいい勉強、課題になりました。次の試合では1セット目から自分たちのすべての力が出せるように、1週間頑張っていきたい。

櫻井 初戦白星でいきたかったので、フルセットで負けたというのがすごく悔しいです。

――コロナ禍で、今までにないルールだったり初めてのこともいろいろあったりしたと思いますが、どう感じていますか?

貞包 今まで通りにハイタッチとか、喜ぶときにギュっと抱き合えないのは、違和感というか……。ギュっとなりたいという気持ちもありますが、やっぱり感染しないことが一番なので、そういうルールの中で、試合でも盛り上がっていけたらいいなと思います。

櫻井 アップゾーンの人やベンチにいる人が全員マスクしているというところと、コートの中で、いつもだったら点数を取ったときなどに抱き合ったりハイタッチしたりしていましたが、それを控えていて、少し寂しいし、盛り上がりが物足りないなと感じました。

――開幕戦で良かったところを、教えてください。

貞包 誰かがダメでも誰かが補えるチームになってきていると思うので、その部分では全員で戦えるチームになってきたなと感じました。

――櫻井選手はケガから復帰し、初のV1の舞台でしたが、久々の公式戦はいかがでしたか?

櫻井 試合前は楽しみで早くやりたいという感じでしたが、いざ試合が始まってみると、緊張していないと口では言っていても、体がすごく固くなってしまいました。試合をやってみて、やっぱり簡単には勝たせてもらえないなという印象でした。

――試合を見ていて、櫻井選手のトスはすごく安定していたと思いましたが。

櫻井 トスだけはちゃんと丁寧にスパイカーに持っていこうと毎日意識しているので、そこはぶれないように今後の試合でもやっていきたいと思います。

開幕戦のヴィクトリーナ姫路メンバー(© 2020 ヴィクトリーナ姫路)

――今注目を集めている新スコートユニフォームでの初試合、いかがでしたか?

貞包 初めて皆さんに見てもらったので、ちょっと恥ずかしい部分も最初はありましたが、試合をしていくうちに気にならなくなりました。皆さんにスコートを見せることができたのはうれしく思います。

櫻井 皆さんから見て『かわいい』という印象を与えることができたのかな? 感想を聞いてみたいです!

――最後にファンへのメッセージをお願いします。

貞包 今日はフルセットで負けてしまいましたが、次は必ず勝てるように、一人ひとりの技術とチーム力を磨いて全員で全力で頑張るので、これからも応援よろしくお願いします!

櫻井 いつも応援ありがとうございます。初戦白星で迎えることができませんでしたが、まだまだ長いリーグですので、これからまたチーム一丸となって頑張っていきます。応援よろしくお願いします!