ニューヨーク市場に上場した「メイソウ」の高田馬場店

写真拡大

 10月15日、中国の雑化店大手・名創優品(メイソウ)が米ニューヨーク証券取引所に上場した。日本ブランドを謳って急成長した企業で、ユニクロとダイソー、無印良品を足して3で割ったなんて揶揄されたものだが、いつの間にかスーパーブランドに成長していたのだ。

 ***

 実際、メイソウのロゴを見ると、赤地に白の文字で、ユニクロを彷彿とさせる。そして店内は、無印良品のような品ぞろえ。そして中国での価格はダイソー並み……。

 創業は2013年9月で、広州市に1号店を開店した。当初、メイソウの店内には、「100%日本品質・日本品牌(日本ブランド)」や「日本輸入」という張り紙があった。それを証明するため、商品のパッケージには、日本語の説明文が記載されていたものの、日本語としておかしなものだったという。

ニューヨーク市場に上場した「メイソウ」の高田馬場店

 たとえば、台所用品のスポンジには、こんな説明が記されている。

《台所をきれいにして、生活はさらに美しくならせる。》

《水吸収能力と汚れ取り除き能力が強くて》

 これで100%日本品質とは、よく言ったものだ。さらに、商品のタグには、本社所在地として、東京都渋谷区神社前という記載があった。明らかに神宮前の間違いである。

日中のネットユーザーから批判が殺到

 公式ウェブサイトにも、誤った日本語の記載があったため、日中のネットユーザーから批判が殺到。日本に店舗がないことも指摘されたため、2014年以降、池袋店、高田馬場店、原宿店、渋谷店、川越店と相次いで開店した。さらに、千葉県のイオンモール幕張新都心店、イオンモール津田沼店、福島県のイオンモールいわき小名浜店、宮城県のイオンモール名取店にも出店していた。

 ところが現在、日本の店舗で残っているのは高田馬場店とイオンモールの店舗だけという。他は全て閉店しているのだ。そこで、日本旗艦店となっている高田馬場店に行ってみた。

 JR高田馬場駅から徒歩6分。早稲田通り沿いにあるお店は、旗艦店というのに規模は小さい。以前はコンビニだった店舗を改装したという。そのため品揃えも少なく、女子中高生向けのぬいぐるみや化粧品、アクセサリーなどをメインに並べている。中高年の男性は入りにくい雰囲気がある。客は女子中高生を中心に、20人ほどだった。

 商品はと言えば、透明ビニール傘が400円、ヘッドホンが2600円。ポータブルスピーカーが2000円。水色の不織布マスクは50枚入りが1980円で、2個買えば3000円。決して安いとは言えない。正直言って、日本ブランドを謳うためのアリバイとして、出店したような感じである。

「メイソウは、日本人デザイナーの三宅順也氏が立ち上げたという恰好でスタートしました。日本ブランドを売りにしたのです」

 と解説するのは、中国事情に詳しいジャーナリストの高口康太氏。

「しかし、商品のほとんどは中国製です。実際は、日本の100円ショップと同じような格安ショップとして、中国で展開しました。日本の100円ショップは、中国からもかなり仕入れていますからね。中国にはノウハウがあるのです」

 メイソウは、世界の約1000社のサプライヤーから商品を仕入れているが、9割近くが中国の珠江デルタ地区と長江デルタ地区に集中している。

品質や技術は、儲かれば後からついてくる

 メイソウの商品は当初、品質は良くなかったという。

「日本ブランドを売りにしているのに、品質は普通の100円ショップと同じで、日本語表記もいいかげんでした。本社所在地も、実際には存在しない日本の地名を書いたりしていました。ところが、店舗数も増え、海外展開するようになると、次第に品質が良くなってきました。今では日本語の表記も正確です」(同)

 なぜ、品質が向上したのか。

「日本の場合、最初に品質、技術ありきでないと成功しませんが、中国の場合は逆なんです。品質や技術は、儲かれば後からついてくるという考えなのです。今やメイソンの商品は、ダイソーと比べても遜色ありません。映画『スパイダーマン』や『アベンジャーズ』などの関連商品を扱う米マーベルとコラボしたキャラクター商品も扱っています」(同)

 ダイソーの商品がハイクオリティなのは、日本では有名だが、

「ダイソーはひとつの商品を何十万個単位で発注するので、ハイクオリティな商品でも仕入れ価格がかなり安くおさえられます。おそらく、メイソンはそれを目指しているのではないでしょうか。バイイング・パワーの向上ですね」(同)

 ダイソーの店舗数(2020年2月末時点)は、日本3493店、国外26カ国2248店。計5741店となる。一方、メイソウは、2020年6月末時点で中国国内に2533店、80以上の国と地域に1689店。計4222店。海外出店を加速させており、2022年までに100カ国、1万店にすると公表している。

「中国国内もそうですが、インドネシア、南米、インドでも充実した品揃えで、ハイクオリティな商品を展開しています。日本にとっては脅威になるかもしれませんね」(同)

 メイソウの2019年6月期は、売上は190億元(約2938億円)に達した。2020年6月期はコロナの影響で、売上は89億7900万元(約1388億円)と大幅に減少し、2億6200万元(約41億円)の赤字となった。が、ニューヨーク市場の上場で6億ドル(約630億円)を調達している。1万店の店舗展開も現実味を帯びてきたという。

 日本ブランドを売りにする間は、高田馬場店は営業を続けるということか。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月23日 掲載