最新FIFAランク発表:日本が1年ぶりに順位変動! アジアトップ変わらず27位浮上

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は22日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は昨年10月から11か月連続で28位をキープしていたが、1年ぶりの順位変動で27位に浮上。首位のベルギーは2018年9月から2年2か月間にわたって防衛を果たしている。

 日本は10月に行われた国際親善試合を1勝1分けで終え、3ポイントを獲得。南米予選で苦戦が続くベネズエラを抜いてアジア勢トップの27位に立った。その他、アジアではイラン、韓国がそれぞれ一つずつランクアップ。アジア杯覇者のカタールは2ランクダウン、オーストラリアは1ランクダウンとなった。

 ベスト5には変動なし。上位では7位スペインと6位ウルグアイ、9位アルゼンチンと8位クロアチアの順位が逆転した。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(1)ベルギー

2.(2)フランス

3.(3)ブラジル

4.(4)イングランド

5.(5)ポルトガル

6.(7)スペイン

7.(6)ウルグアイ

8.(9)アルゼンチン

9.(8)クロアチア

10.(10)コロンビア

11.(11)メキシコ

12.(12)イタリア

13.(16)デンマーク

14.(14)ドイツ

15.(13)オランダ

16.(15)スイス

17.(17)チリ

18.(19)ポーランド

19.(18)スウェーデン

20.(21)ウェールズ

21.(20)セネガル

22.(23)アメリカ

23.(24)ウクライナ

24.(22)ペルー

25.(27)オーストリア

26.(26)チュニジア

27.(28)日本

28.(25)ベネズエラ

29.(30)イラン

30.(31)セルビア

……………

38.(39)韓国

42.(41)オーストラリア

57.(55)カタール

67.(66)サウジアラビア

……………

96.(95)キルギス

122.(122)タジキスタン

134.(135)ミャンマー

190.(190)モンゴル