米NY州出身のシンガーソングライター、ガス・ダパートンが、発売中の最新作『Orca』に収録された「First Aid」のMVを公開した。

 この曲は、人が孤独の中で内面的な痛みに向き合うと同時に、愛する人に感謝することが表現されており、米ニューヨークで撮影されたこの映像にはガスの妹が出演している。また、ガスはこのビデオについて次のように語る。「このビデオはすごく情熱的なプロジェクトだった。このビデオを一緒に作ってくれたチームに感謝しているし、コロナ禍にこのアイデアを実現できたことに感謝してるよ」

 明るく軽快な楽曲が中心となっていた前作『Where Polly People Go to Read』のリリースや、それまで訪れたことのない国や音楽フェスでのパフォーマンスを経て、シンガーソングライター/プロデューサーとして成長したガスは、人間の痛みや苦しみを探りつつも、癒しや償いといったものをテーマにした新作『Orca』を完成させた。本作では作曲とプロデュースをガス・ダパートン自身が担当し、フランク・オーシャン、レディ・ガガ、そしてビヨンセといったトップアーティストを手がけるスパイク・ステントがミキシングを担当している。

 デジタル・バージョンとは異なるジャケットとなる『Orca』の国内盤CDには、ボーナス・トラック「Steady」が追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入されている。

◎リリース情報
アルバム『Orca』
2020/9/18 RELEASE
BRC-652 / 2,200円(plus tax)
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録/解説・歌詞対訳冊子封入