iPhone12シリーズの発表にともない、それまで最新機種だったiPhone11シリーズが下取り対象となり、そのほかの旧機種の下取り額も変更されました。
 
2020年7月時点での下取り額との違いを比較してみます。

7月時点と比べ下取り額が増額された機種も

Appleが実施している下取りプログラム「Apple Trade In」のページに掲載されている、2020年7月時点でのiPhone下取り額と現在(2020年10月)の下取り額を比較したのが以下の表です。なお下取り額は各モデルの最大額であり、実際の額は端末の状態により変化します。
 
興味深いのは、一部の旧モデルについては下取り額が上昇している点です。
 
iPhone7以降の機種の下取り額は下がっていますが、iPhone6s Plusは10,000円で変化なし、iPhone6sは7,000円から8,000円、iPhone6 Plusは6,000円から7,000円、iPhone6は同額、iPhone SE(第1世代)は3,000円から5,000円と2,000円増額されています。

 

Apple Trade Inでの下取り額比較モデル2020年7月2020年10月iPhone11 Pro Max-66,000円iPhone11 Pro-62,000円iPhone11-41,000円iPhone XS Max54,000円47,000円iPhone XS47,000円37,000円iPhone XR36,000円31,000円iPhone X33,000円30,000円iPhone8 Plus28,000円26,000円iPhone820,000円17,000円iPhone7 Plus19,000円18,000円iPhone712,000円10,000円iPhone6s Plus10,000円10,000円iPhone6s7,000円8,000円iPhone6 Plus6,000円7,000円iPhone64,000円4,000円iPhone SE(第1世代)3,000円5,000円

 
 
Source:Apple
(lunatic)