運動会の練習中にけんか 仲裁に入った教員が児童の足の骨を折る

ざっくり言うと

  • 熊本市の市立小で18日に予定されていた運動会の実施が見送られていた
  • 17日、運動会の練習中に教員が児童に足の骨を折る大けがをさせたため
  • 教員は児童がけんかのような状態になったため、仲裁に入ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x