D-CRUNCH、ミニアルバム「飛上-Across The Universe」ハイライトメドレーを公開

写真拡大

D-CRUNCHが新しいミニアルバムで幅広い音楽を披露する。

彼らは本日(19日)0時、公式SNSを通じてニューミニアルバム「飛上-Across The Universe」のハイライトメドレー映像を公開した。

公開された映像の中にはニューアルバムと同名のタイトル曲である「飛上」を含め、全5曲の音源の一部が収録されている。さらに、オールホワイトスーツでクールさと柔らかさが共存する男性の魅力を発散するD-CRUNCHのジャケット撮影現場も収録され、注目を集めた。

タイトル曲「飛上」はパワフルなサウンドが際立つハイブリッドトラップ(Hybrid Trap)ジャンルの楽曲で、韓国とアメリカを行き来しながら活動を続けている作曲家のキム・ドヒョンとジャレッド・リー・ゴセリン、Bad Luckが手掛け、話題になった。ここにD-CRUNCHのメンバーG.I.G(O.V、ヒョノ、ヒョンウク)が直接作詞に参加した。

続けてポップな雰囲気の美しい旋律とD-CRUNCHの甘いボイスが印象的な「一言」、軽快なリズムと希望的な歌詞が際立つ「H.A.G.Y(Have A Good Young)」、ソフトロックサウンドにファンへの感謝の気持ちを込めた歌詞で心に響く「萼」、タイトル曲のインスト(inst.)トラックまで全5曲が収録されている。

特に負傷で今回の活動に参加できなくなったヒョヌが収録曲「一言」と「H.A.G.Y」のレコーディングに参加し、特別な意味を加えた。これについて事務所の関係者は「ヒョヌを待っているファンのために、彼が準備したプレゼントだ」と期待を呼びかけた。

D-CRUNCHは、今回の活動を通じてより多彩な音楽はもちろん、様々なコンセプトを披露する予定だ。目も耳も魅了するニューアルバム「飛上-Across The Universe」に期待が高まっている。

D-CRUNCHの新しいミニアルバム「飛上-Across The Universe」は20日の午後6時、全音楽配信サイトを通じてリリースされる。