コ・ウォニ、新ドラマ「楽しい他人の家」への出演オファーを受けて事務所がコメント“検討中”

写真拡大

女優のコ・ウォニが、ムン・ヨンナム脚本家と初めて息を合わせることになるのだろうか。

コ・ウォニの事務所の関係者は本日(19日)、Newsenに「コ・ウォニがKBS 2TVの新週末ドラマ『楽しい他人の家』(脚本:ムン・ヨンナム、演出:イ・ジンソ)の出演を検討している」と公式コメントを明らかにした。

脚本家のムン・ヨンナムは「人の気持ちも知らず」「愛情の条件」「怪しい三兄弟」「王家の家族たち」「がんばれ!プンサン」などヒット作を執筆したスター脚本家で、新作の知らせに期待が高まっている。

コ・ウォニは、様々な武術を身につけた大学生の次女役を提案され、慎重に検討している。

この他に女優のイ・テラン、チョン・ヘビンがそれぞれ長女、次女役に、キム・ギョンナムがチョン・ヘビンと息を合わせる男性主人公役として出演を検討しているという。

「楽しい他人の家」は、現在放送中の「オ!サムグァンビラ」の後番組で来年3月の編成を検討している。

昨年、チャンネルAドラマ「ユ・ビョルナ!ムンシェフ」で活躍したコ・ウォニは、11月末に放送予定のKBS 2TV「ドラマスペシャル2020」の3作目「仕事の喜びと悲しみ」に出演する。