パク・ハソン&クォン・ユル&ムン・ヒギョンら出演、オリジナルドラマ「ミョヌラギ」16日にクランクアップ…韓国で今年放送予定

写真拡大

カカオMのオリジナルデジタルドラマ「ミョヌラギ」が撮影を終えた。

「ミョヌラギ」の関係者は19日、Newsenに「16日、済州(チェジュ)で撮影を終了した。韓国で今年放送予定」と明かした。

「ミョヌラギ」は今の時代、平凡な女性が結婚して、夫の家族の領域の中に入ることで経験する様々なエピソードを描いた現実共感ドラマ。スシンジ作家の同名ウェブトゥーンが原作で、SNSを通して連載された原作は40万フォローを達成し、本も出版された。2017年「今日の私たち漫画賞」を受賞するなど、大衆的な人気で話題性、作品性がすべて認められた作品だ。

ミン・サリン役にパク・ハソン、ム・グヨン役にクォン・ユル、パク・ギドン役にムン・ヒギョンらがキャスティングされた。

SBSドラマ「イ判サ判」「初対面だけど愛してます」などを演出したイ・グァンヨンプロデューサーが演出を手がけ、各話20分前後、合計12話で制作される。