東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道で18日に起きた道路の陥没。

 現場の地下では、東日本高速道路(NEXCO東日本)による東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事が行われていた。陥没した原因は不明だが、夕方には工事関係者による穴埋めの作業が始められた。

 18日正午ごろ、近くで暮らす会社員男性(69)の自宅のインターホンが鳴った。「道路が陥没する恐れがあるから気をつけてほしい。避難してもらうかもしれない」。そう説明したのは、NEXCO東日本の工事関係者だった。

 男性が現場を見に行くと、道路を横切るように大きなくぼみが。住民や工事関係者ら10人ほどで見守っていると、道路のアスファルトが「大きな音もなく静かに、ベコンという感じで落ちていった」。男性が現場に来てから12分後のことだった。

 前日の17日夕に車で通ったときにも、段差を感じたという。「振り返れば、あの時からくぼみがあったのかも」。毎朝の犬との散歩コースだといい、「誰かが通っている時に陥没しなくて良かった」と話した。