6回3失点でマウンドを降りたオリックス・宮城=メットライフドーム(撮影・伊藤笙子)

写真拡大

 「西武3−2オリックス」(18日、メットライフドーム)

 オリックスはプロ2度目の先発となったドラフト1位・宮城が6回3失点。二回に3失点したが、以降六回までパーフェクトに抑える投球を見せた。

 だが、打線が援護できない。九回は増田を攻め吉田正、T−岡田の二塁打で1点差にし、伏見安打で1死一、三塁と攻め立てるが代打・ジョーンズは三邪飛、小田も二飛に倒れゲームセットとなった。

 中嶋聡監督代行は宮城について「もう十分なピッチングだと思います。6回を投げきったということもすごく大きなことだと思います。もう十分な(投球)。普通にいいと思いますけどね。戦力と最初から言っているように、もう普通に戦力だと思いますので。ただ、じゃあすぐに6人の中に入ってくるのかという話なだけで、もう十分な戦力です」と高評価を口にした。

 ルーキーを援護できなかった打線については「そうですね。最後、ねえ、どうにかなりそうになるんですけど、そこを越せないというのが現状ですので。これをどうやるか、というのが、毎回言うようですけど、そこが課題だと思います」と話した。

 あと1本が出れば。監督代行就任以来、ずっと言い続けている課題。答えはまだ見つかっていない。

 中嶋監督代行就任以来、50試合で22勝26敗2分けとなった。