DeNAに逆転負けし、足早にベンチ奥へと引き揚げる巨人の原監督=横浜スタジアム

写真拡大

 「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム)

 巨人の原辰徳監督が、18日に出場選手登録を抹消した小林誠司捕手に、本来の姿で1軍復帰することを願った。

 開幕直後の左手尺骨骨折から9月18日に1軍復帰を果たしたが、15打数1安打と打撃の状態が上がらず再降格となった。

 「もう一つ、本来の小林に戻っていなかったというところ。まだ、時間はあるからというところですね。3番目のキャッチャーという風な位置づけではいたくないわけで」と明かした。

 代わって成長著しい岸田を昇格させ、しばらくは大城、炭谷、岸田の捕手3人体制で臨む。「なかなかチャンスを渡しても、なかなかいい結果がでなかったというところが。3番目のキャッチャーであるならば、岸田の方がはるかに使い勝手はあるというところですね。総合的な部分で」と原監督は正捕手としての活躍を求めた。