7回、大飛球を放つも、惜しくも左飛に倒れる阪神・井上=甲子園(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「阪神6−5ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 阪神の矢野燿大監督が、代打で送り出した井上の飛球について、振り返った。

 本拠地・甲子園のファンの前で、七回2死一塁で登場。寺島に対し、カウント1−0からレフト方向へ高々と打球を打ち上げ初本塁打が期待されたものの、伸びが足りずに左飛に終わった。

 これには矢野監督も、「いや“行った!”ってね、ガッツポーズしかけたんですけど、思いのほか飛んでなかったなっていう感じで」と振り返った。ただ、将来の大砲候補なだけに、「やっぱりこう魅力があるっていうかね、いい角度でボールもいってましたし。今日の練習でもすごくいい形で打っていたんで。こう打席を見てみたいなっていう選手ですね」と今後に期待していた。