3勝目をマークした広島・中村祐(撮影・立川洋一郎)

写真拡大

 「広島5−0中日」(18日、マツダスタジアム)

 先発した広島の中村祐太投手は7回7安打無失点と好投し、自身3連勝で3勝目を挙げた。

 全イニングで走者を出したが、スライダーなどの変化球を低めに集めた丁寧な投球で中日打線の的を絞らせなかった。再三の得点機をつくられるも三回は1死、一、二塁でビシエドを三ゴロ併殺打。五回は1死一、二塁で阿部を三ゴロ併殺打に抑えるなど要所を締めた。

 お立ち台に上がった右腕は「先制点を取ってもらったので、守りに入らず、攻めの投球を心がけました」と表情を緩めた。

 佐々岡監督は「粘り強く投げてくれた。ナイスピッチング」とたたえた。