レアルに痛手…主将ラモスが負傷交代でクラシコの出場に黄色信号

写真拡大

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節カディス戦で負傷した。

 同試合で先発出場したラモスだったが、前半に左ヒザを痛めハーフタイムでエデル・ミリトンとの交代を余儀なくされた。まだ検査の結果は出ておらず離脱の期間や有無は判明していないようだが、次週には宿敵バルセロナとの“エル・クラシコ”を控えているレアルにとっては大きな痛手だ。

 カディス戦で昇格組を相手に金星を献上してしまったレアルだが、ここまで5試合を消化して暫定の順位では首位に立っている。