8回、投手交代を告げる日本ハム・栗山監督=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

写真拡大

 「ロッテ2−5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムは先発したエースの有原が7回4安打1失点と好投。下位打線の活躍もあり逆転勝ちを収めた。

 初回は制球に手こずり、四球がらみで失点した有原だが、きっちり修正。「全体的にあまりよくなかった」としつつゴロを打たせる投球に切り替え、最少失点にしのいだ右腕は、「守備と宇佐見のリードに助けられた」と感謝を口にした。

 打線は五回に先頭の渡辺の安打と清宮の四球、樋口の犠打で1死二、三塁の好機を作ると宇佐見の2点適時打で逆転に成功。さらに近藤の2点適時打で一挙4点を奪った。

 六回も渡辺、清宮、樋口で同様の好機を演出。平沼の押し出し四球による追加点につながった。

 栗山監督は「自分をコントロールしながら、うまく試合を作ってくれている」と有原を評価。2四球を選んだ清宮、2つの犠打を決めた樋口についても、「難しい中で樋口は頑張った。(清宮)幸太郎も(ボールを)良く見てるし、あの四球は大きい。どうしても打ちたくなるけど、そういうのも含めて象徴的な試合と思いながら見ていた」と成長を感じ取った様子だった。