日本OP2勝目を果たした稲森佑貴 4日間オーバーパーなしの安定感が光った(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<日本オープンゴルフ選手権 最終日◇18日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇7317ヤード・パー70>
日本一曲げない男が、日本オープンの舞台で再び力を見せつけた。首位と1打差から出た稲森佑貴が谷原秀人を逆転。2018年大会に続いて、ナショナルオープンで2勝目を勝ち取った。
18番で決めた! 渾身のガッツポーズ【大会フォト】
「チャンスがある」と迎えた最終日。前半はなかなかチャンスを決められずにオールパーで折り返し。「我慢していればいずれバーディが来る」と耐えていたが、12番で先にボギーを喫する。だが、そこでも気持ちが折れること無く、13番でバーディを奪ってバウンスバック。優勝の2文字が目の前に降りてきたのは終盤だった。
勝負が大きく動いたのは17番パー4。単独首位を走っていた谷原がバンカーに捕まりボギーを叩く一方で、稲森は3m弱のバーディチャンスにつけた。「絶対に(パットを)入れてやろうと思ったら、上を通り過ぎてやってしまったなと。ここが一番悔しかった」と単独トップとはならなかったが、トータル4アンダーで谷原と並び首位に立った。
「最後のロングを獲った人が勝つ」と迎えた最終18番パー5。フェアウェイキープ率トップを走ってきた稲森らしからず、ティショットは右のファーストカットへ。谷原も稲森と同じく右に行ったが、木が視界を遮るラフに入った。
勝負の3打目。先に打った谷原のボールはカップを過ぎて奥のラフへ。稲森は残り118ヤード。「50度でしっかり打てば寄ると思った」と放った3打目は2mにピタリとついた。2年の間に「落ち着いて回ることができている」と成長を感じていたが、それでも勝敗を決する一打は緊張が走る。「自分の心拍音が聞こえるくらい」と緊張感が最高潮に高まる中、放ったファーストパットはまっすぐカップへ。沈めた瞬間小さくガッツポーズ。「本能の赴くまま打てば入ると思った。良いバーディパットでした」と満足げに振り返った。
18年に日本一のタイトルを手にしたが、昨年は未勝利で賞金ランクは49位に甘んじた。「絶対1勝しよう」と臨んだ今年。コロナ禍で試合がない期間は安定したショットを続けるためのトレーニングを重ねてきた。パワーゲームが主流となる中でも、「またメジャーで2勝目を飾ることができて、自信にもつながる。フェアウェイキープを大事にしたい」と持ち味をさらに磨いていく。
ナショナルオープン2勝目というだけでなく、今回は“新婚V”といううれしいタイトルも加わった。今年の2月に入籍し、「妻はどんなことがあっても一番の味方でいてくれる。大黒柱というほどではないかもしれないけど、自覚は芽生えた」。鹿児島の自宅で待つ妻へ、まずは一番に喜びを伝えたい。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■日本オープン 最終結果
■稲森佑貴 プロフィール
■“日本一曲がらない男” 稲森佑貴のスイングのキモは?【連続写真】
■富士通レディース 最終結果
■松山英樹は? 米男子ツアー3日目の結果