2安打1打点とプロ入りへアピールに成功した上武大・古川

写真拡大

 「関甲新学生野球・チャンピオンシップラウンド、平成国際大5−3上武大」(18日、白鴎大グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の上武大・古川裕大捕手(4年・久留米商)が、阪神など7球団のスカウトらの前でユーティリティーぶりを発揮した。3年時に侍ジャパン大学代表に選出されるなど大学屈指の扇の要ながら、六回からマスクを脱いで遊撃へと守備位置を変更。打球は飛んでこなかったが、「内野を守れる準備はできている」と持ち味をアピールした。

 左打ちの好打者としても2安打1打点と存在感を放った。五回2死二塁では、「スライダーを張って、真っすぐに対応できた」と一時勝ち越しとなる右翼越え適時二塁打。視察した巨人・榑松スカウト部次長は「バットコントロールがいい。キャッチャーを守れて内野も守れるのは希少な存在」と評価した。