米ニューヨーク州のアンドルー・クオモ知事(2020年5月26日撮影)。(c)Johannes EISELE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米ニューヨーク州のアンドルー・クオモ(Andrew Cuomo)知事は17日、1万人以上が参列する予定だった結婚式を、当局が中止するよう命じたと明らかにした。同州では現在、新型コロナウイルス対策で50人以上が集まるイベントの実施が禁止されている。

 ロックランド(Rockland)郡保安官事務所は、19日にブルックリン(Brooklyn)北西部ウィリアムズバーグ(Williamsburg)で式が予定されているとの情報をつかみ、当局に通告。

 クオモ氏は記者会見で「調査を行い、式決行が事実である可能性が高いと判明した」と述べ、「予定されていた大規模な結婚式は、集会禁止の規則に違反するものだった」と説明した。同氏の顧問によると「1万人以上が参加予定」だったという。

 メディア各社は、式を計画していたのは正統派ユダヤ教徒だと報じている。ニューヨーク州では施設内で行われる宗教行事について、収容率33%が上限と定められている。

 ニューヨークは今春、新型コロナウイルス感染拡大の中心地となった。同市は住民に外出制限を課し、危機をどうにか封じ込めたものの、ここ最近は正統派ユダヤ教徒のコミュニティーがある地区を中心に検査の陽性率が上昇している。

 クオモ氏は先週、これらの地区における非必須事業の営業停止を命じ、宗教施設に一度に入れる人数を10人までに制限。学校も閉鎖された。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
障害あれば愛深まる? 統一教会の合同結婚式、ウイルス懸念の中で開催
コロナ再拡大の米NY、当局の「レッテル貼り」非難する正統派ユダヤ教徒ら
悪臭強い鶏ふん堆肥で「ワルプルギスの夜」阻止へ 、北欧のコロナ対策