雨上がり決死隊・宮迫博之

写真拡大

 タレントの明石家さんまが、10日深夜に放送されたパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の2人の現在の関係について言及した。

 同日はモーニング娘’20の譜久村聖がゲスト出演。元メンバーで事務所を移籍した鞘師里保の出演する舞台を観劇したことを明かし、以前、鞘師は「ヤンタン」のレギュラーも務めていただけに、さんまも本格的な活動再開を喜んだ。

 ​>>雨上がり蛍原が明かす宮迫とコンビのこれから<<​​​

 喜びつつ、さんまは「事務所には『行くな』とか言われないの?」と質問。譜久村が「言われないです」と答えると、さんまは続けて、「宮迫と蛍原ちゃんの関係じゃないの?『YouTubeとか出たらあかんぞ』とか言われないの?」と質問。吉本からの“圧力”を暴露してしまった。

 共演するタレントの村上ショージがあわてて、「裏事情を言わんでもええねん!」と突っ込むも、さんまの暴露は止まらず。「おれは出てもええねんけど、『なるべく出ないでほしい』って」との要請があったことも明かしたのだ。
 「吉本としては、昨年7月、闇営業問題で渦中だった宮迫がロンドンブーツ1号2号の田村亮をそそのかして、勝手に会見をしたことをいまだに許していないといいます。亮はきっちり謝罪したこともあって、すでにテレビ復帰を果たしたが、いまだに宮迫からの謝罪はなしとの噂。おまけに、宮迫はYouTuberデビューして稼いでいるので、テレビ復帰を許すつもりもないだろう」(芸能記者)

 宮迫は8月9日、神奈川・横浜市のぴあアリーナMMで開催された格闘技イベント「RIZIN.22」に、リングアナウンサーとして登場。公の場に登場するのは、昨年7月の田村との会見以来約1年ぶりとなった。

 宮迫のYouTubeの登録者は113万人に達する人気ぶりだが、さんまの暴露からすると、コンビの再始動もテレビ復帰もなさそうだ。