フィル・ミケルソンがシニアツアー2勝目に向け3打差(撮影:GettyImages)

写真拡大

米国バージニア州リッチモンドのザ・カントリークラブ・オブ・バージニアで開催されている米シニアツアーのPGAツアー・チャンピオンズ「ドミニオンエナジー・チャリティクラシック」に出場しているフィル・ミケルソン(米国)が、第2ラウンドを終えて3打差2位につけた。
松山英樹の使用クラブを調査【写真】
金曜日の第1ラウンドが悪天候で中止、土日で54ホールを戦うが、ミケルソンは午前に回った第1ラウンドで「68」、午後の第2ラウンドは「66」をマークしトータル10アンダーとした。
トップに立っているのはマイク・ウィアー(カナダ)。第2ラウンドをボギーなしの9バーディで「63」をマーク。トータル13アンダーで暫定トップに立った。日没サスペンデッドで8選手がホールアウトできず、日曜日に第2ラウンドの残りと最終ラウンドが行われる。
ミケルソンは8月のシニアツアーデビュー戦となった「チャールズ・シュワブシリーズ・アット・オザークスナショナル」で初日からの首位を守って勝利。今週勝てばシニアツアー出場2連勝となる。
「36ホールをプレーしてもカートだからとてもラクだった。ティショットの修正が少し必要なのでこれから調整して、最終日はどんどんピンを狙って行きたい」とミケルソン。一方のウィアーは「このスコアにはスーパーハッピー。きょうは長い一日になると思いリズムをとても大事にした。こんないいプレーをしたのは本当に久しぶりだ」と満足げだ。
ミケルソンは2004、06、10年、ウィアーは03年に「マスターズ」チャンピオンとなっている。最終日はミケルソンの逆転なるか。“レフティ”の対決に注目。(文・武川玲子=米国在住)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■P・ミケルソン、シニアデビューで初日からの首位を守って完全優勝!
■フィル・ミケルソンがCJカップよりもシニアを選んだ理由
■富士通レディース 最終結果
■日本オープン 最終結果
■松山英樹は? CJカップ3日目の結果