<富士通レディース 最終日◇18日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659ヤード・パー72>
強い雨が降った2日目。グリーンに水が浮き、パッティングでボールが転がらず、稲見萌寧はホールアウト後に「ウェッジで打つことも考えた」と話していたが、好天となった最終日には、西村優菜がユーティリティでのパッティングを披露した。
グリーンからユーティリティを使いナイスパー!【写真】
ユーティリティで打ったのは7番パー5。3打目をミスしてしまい、グリーンに乗るも20mのパットが残ってしまう。グリーンの真ん中がえぐれており、カップは右奥。グリーンを転がしていくには一度グリーン外を通さないといけない状況で、パターで打つには難しい状況。ここで西村は5番ユーティリティを選択。強めに転がし、カラーでボールスピードを失われつつも1mにつけてパーを拾った。
「パターだとフェアウェイ(途中のえぐれた部分)を噛んで転がっていかないと思い、ユーティリティを選びました。ユーティリティならちょっとショートしても転がってくれるので」と、この1打をピタリ。ナイスパーで次のホールのバーディへと流れを作った。
グリーン上でユーティリティを使うのは初めてだった。「ジュニアのナショナルチームでオーストラリアに行ったときに下が硬くてウェッジを持てないときにユーティリティでアプローチしたことはありましたが…(笑)」。自身も開幕前には想定外の好プレーだった。
このパーセーブに加え、17番ではバンカーからチップインバーディ。自己最高となる4位タイでフィニッシュ。「トップ10とノーボギーが目標だったので達成できてよかったです。これからもトップ10とボギーフリーを目指して頑張っていきたいです」と大きな自信となった様子だ。
これで出場者が限られる11月の「TOTOジャパンクラシック」の出場権も獲得し、「特別な大会に出場できることはとても光栄です。海外の選手が来られないのは残念ですが、いいプレーをできるように頑張りたいと思います」と笑顔を見せたプラチナ世代。この日の手応えと巧みな技を武器に初優勝を目指していく。(文・秋田義和)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

■富士通レディース 最終結果
■緑と紺がお似合い! 西村優菜の最終美を振り返る【大会フォト】
■西村優菜はウッド5本体制「私はショートウッドが好きなんです」
■“コロナ太り”もスムージーで解消 西村優菜が復調に手応え
■日本オープン 最終結果