優勝した申ジエ

写真拡大

 国内女子ツアー「富士通レディース」最終日(18日、千葉・東急セブンハンドレッドC=パー72)、2位から出た申ジエ(32=韓国)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算7アンダーで逆転優勝を飾った。ツアー通算25勝目で生涯獲得賞金は史上最速で10億円を突破した。

 昨年のアマチュアVに続く大会連覇を狙った古江彩佳(20)は、66の猛チャージも届かず通算5アンダーの2位。首位から出た浅井咲希(22=小杉CC)は73とスコアを落として4位だった。