悪質タックルで一発退場のリチャーリソン、チアゴとチームメイトへ謝罪

写真拡大

 プレミアリーグ第5節リヴァプール戦で一発退場の処分を受けたエヴァートンのブラジル代表FWリチャーリソンが愚行を謝罪した。

 リチャーリソンは同試合の試合終了間際に相手のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラに対して悪質なタックルを見舞い、マイケル・オリバー主審からレッドカードを提示された。リチャーリソンは「僕のこれまでを知っている人なら誰でも、決して暴力的なプレーヤーではなかったことを知っているだろう。今日起こったことは、過度のハードワークによる失敗だった。チアゴを傷つけるつもりでその接触に参加したわけではない」と故意のプレーではないことを強調。

 また「すでに彼には謝罪のメッセージを送った。そしてここで公にする。彼が怪我をせず、すべてが順調であることを願っている。またチームメイトやクラブ、ファンへゲーム終了時に人数を1人少なくしてしまったことをお詫びする。残念ながら僕が何かを変えていくためにできることは、反省し、より働き、先に進む以外にない」と謝意を述べている。