坂口健太郎(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

 柴咲コウ(39)が“体は35歳、心は10歳”という設定の難しい役どころに挑む連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系)が10日、スタートした。柴咲演じる主人公の初恋の相手役を演じるのは坂口健太郎(29)。坂口が地上波の連続ドラマに出演するのは、昨年1月期に川口春奈(25)と共演した連ドラ「イノセンス 冤罪弁護士」(日テレ系)以来、1年半ぶりとなる。

石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

 このドラマは実年齢が39歳の柴咲が、10歳の少女を演じることに目が奪われがちだが、実は坂口が実年齢で10歳年上の柴咲の恋人役を演じることにもファンは注目している。初回の放送終了後、ネット上では今回のキャスティングに関してこんな声が上がっていた。

■「髭口健太郎」は大正解

〈坂口健太郎が35歳という設定は少し無理があるのではないか〉

〈健太郎の芝居は素晴らしかったけど、柴咲コウと同級生という設定には違和感がある〉

〈実年齢差10歳のキャスティングの意味がわからない〉

 初回視聴率は11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高い数字を記録したが、ファンは“モヤモヤ”を拭い去ることができないようだ。

「坂口も“陰のある35歳”という役どころを表現するのに苦労したみたいで、劇中のヒゲと短髪は本人が試行錯誤した上でのアイデアだと聞いています」(テレビ関係者)

 役作りに関する坂口の工夫は大正解で、〈やさぐれた健太郎もなかなか魅力的です〉〈髭口健太郎がカッコ良過ぎて無理〉と、ファンも理解を示している。

結婚はしばらくない

 一方、どうしても注目が集まるのが坂口の私生活だ。ホリプロ3姉妹の“末っ子”石原さとみ(33)が結婚に踏み切ることで、石原と同じ事務所の後輩である高畑充希(28)にも関心が飛び火した形だ。結論から言えば、坂口との交際は極めて順調のようだ。2人は今年初めに女性誌に“婚前同棲”を報じられた。

「坂口の地上波の連ドラ出演が久しくなかったことでさまざまな臆測が流れているようですが、もともと、坂口のスケジュールはゆったりとセッティングされています。ドラマも映画も年にそれぞれ2本程度というのが事務所の方針のようです。仕事のペースに関してはパートナーの高畑もほぼ同じ。1年の仕事の中心に大きな舞台の仕事を入れた上でドラマや映画の仕事を年に1〜2本というのが彼女の仕事のスタンスです。ひとつひとつの作品と丁寧に接し、役者として息長く育てるのが双方の事務所の方針だと聞きます」(芸能関係者)

 この関係者がさらに指摘するのが、婚前同棲という形態だ。

「同棲というと、四六時中同じ空間で暮らすイメージがありますが、坂口と高畑に関してはこれは該当しません。2人は役作りのためにそれぞれ別の部屋を借りていて、仕事に入るときは何日も顔を合わさないこともザラ。公私のメリハリが利いたカップルなのです」

 このほどよい距離感が交際スタートから4年経過しても2人が長続きしている秘訣なのかもしれない。

 しかし、唯一の懸念は終息しないコロナ禍だ。この影響で高畑は今年の目玉として予定していた舞台「ミス・サイゴン」(5、6月帝国劇場)及び7〜9月のスケジュールが全て白紙になってしまった。年始めから十分にリハーサルを重ねてきただけに、高畑の落胆ぶりは想像に難くない。

「高畑さんは極めてプロ意識が強い女優です。舞台が実現するまで冗談でも結婚のことは口に出さないでしょう」とは高畑に近い関係者。そばにいる坂口もそれは十分に承知しているはず。コロナ禍に人生設計を狂わされた人はごまんといるが、この2人も例外ではない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)