文大統領と彼を支持してきたベストセラー作家

写真拡大 (全4枚)

「親日派を全員断罪しなければこの国の未来がない」とも

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の娘、世界的な企業のサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長と李副会長の父・李健煕(イ・ゴンヒ)会長、創業者の故・李秉竽(イ・ビョンチョル)。彼らに共通するのは、日本への留学経験である。そんな面々に「親日派」「民族反逆者」のレッテルを貼り、断罪の対象にするような発言が飛び出した。韓国の大ベストセラー作家である趙廷來(チョ・ジョンレ)によるものだから、国内での影響は小さくないようだ。

 趙廷來は韓国文学の父的な存在とされ、作品は教科書にも採用。「アリラン」「太白山脈」など主たる長編作品で、1300万部超のセールスを記録している。

文大統領と彼を支持してきたベストセラー作家

 そんな大ベストセラー作家は12日、ソウル中区所在の韓国プレスセンターで開かれた「文壇50周年記念記者懇談会」で次のように述べた。

《土着倭寇と呼ばれる日本留学派は、日本留学から戻ったら一様に親日派になり、民族反逆者となる》

《150〜160万人の親日派を全員断罪しなければこの国の未来がない》

《日本の罪悪に対して肩を持ち、歴史を歪曲する者を懲罰する法制定運動を行っている。私が積極的に先頭に立ち、法でそのような者は従えねばならない》

《反民族行為特別調査委員会(以下、「反民特委」)を復活させるべきだ》

 反民特委は1948年10月、韓国国会が「親日清算」を目的に組織した機関であり、捜査権と起訴権、裁判権まで持っていた。

「日本に留学したら無条件で親日派になります。民族反逆者になるのです」との発言を伝えるニュース

 趙廷來の発言通りであれば、日本留学経験者は全員が親日派であり、韓国を裏切ったことになる。

 文在寅大統領の娘、サムスンの歴代オーナー全員が「新日派」「民族反逆者」となる。

 親日派を排除し、反民特委という超法規的機関で断罪しようとする振る舞いは、北朝鮮のような独裁国家での話に聞こえる。

国士館大学に留学したとされる文大統領の娘

 文在寅大統領の娘はかつて国士館大学に留学したとされている。

 文大統領と青瓦台(韓国大統領府)が彼女の国士館大学卒業に関する報道に対して否定せず、国士館大学の「21世紀アジア学部」で学んだという具体的な証言まで出ており、事実である可能性が非常に高い。

文大統領と日本留学経験があると報じられる子女

 在任中、反日によって支持層を確保してきた文在寅大統領が、彼の娘を「親日派」と非難し、断罪するという笑えない状況が演出されようとしているのだ。

 その上、反民特委まで復活するなら、彼女は現在滞在するタイから戻らずに帰国を断念した方が賢明だろう。

 また、サムスンの創業者の故・李秉竽から現在の実質的なオーナーである李在鎔副会長までも「親日派」であり「土着倭寇」として断罪されなければならない。

 李秉竽は1929年に早稲田大学政治経済学部に入学。1931年に中退した後、韓国に戻ってきた。

 息子の李健煕会長は韓国延世(ヨンセ)大学商学科を退学した後、1965年に早稲田大学第一商学部に進学して卒業。さらにその長男の李在鎔副会長は1995年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)を卒業している。

金正日とも面会した

 いずれも日本の名門大学に留学した経験を通じて、サムスンを韓国だけに留まらず、世界一流企業に成長させてきた人物だ。

 にもかかわらず、趙廷來の話が現実となれば、李秉竽の墓の碑文には「親日派」という文字が刻まれ、李在鎔副会長は反民特委の調査と裁判を受けて刑務所に服役する悲劇的な状況が起きうることになる。

 注目すべき点は他にもある。

 趙廷來本人の父親も「親日派」であり「民族反逆者」と呼ばれかねないからだ。趙廷來は2006年に自身の父親を回顧する中で、「父が日本留学から戻った後、独立運動をした」と言及した。

 趙廷來の父親は僧侶だった。

 朝鮮併合時代、日本が韓国の仏教を抹殺するために施行したとされる「宗教皇国化」の一環として韓国代表に選ばれて日本に留学し、韓国仏教の日本化に寄与したことでも知られている。

 いくら父親が日本に留学したとしても、父親を「民族反逆者」呼ばわりするなら、これほどの親不孝者は他にいないだろう。

「狂気に満ちた歴史歪曲小説」と批判された趙廷來のベストセラー

 趙廷來は韓国でベストセラーになった小説『太白山脈』と『アリラン』を執筆した。

 この2つの小説はこれまで、韓国でかなりの議論を巻き起こしてきた。

 趙は実際、『太白山脈』で扱った1950年の朝鮮戦争の場面で、北朝鮮軍が犯した民間人虐殺や蛮行については言及せず、韓国軍と米軍の犯罪を強調して描写したとして非難を浴びた。

 特に共産党や北朝鮮軍に殺害された人々は、すべて殺されて当然の「親日派」、「民族反逆者」として描かれた。

 そのため「この小説を韓国人が書いたのか、北朝鮮人が書いたのか」「親日美化は憎悪するくせに、自分は北朝鮮と共産主義を美化しているのではないか」という指摘が出るのは当然だった。

 小説のいくつかの部分で、事実を歪曲したという問題も提起され、反国家活動を規制するための法律である国家保安法違反で告発されたが、2005年に検察は、彼に容疑がないとして起訴しなかった。

 小説『アリラン』では朝鮮併合時代、日本の愚民化教育、親日派から土地を奪われた朝鮮人、日本に抵抗した朝鮮人たちの独立運動などについて描いた。

 日韓両国でベストセラーになった『反日種族主義』の著者である李栄薫(イ・ヨンフン)氏は、『アリラン』を「狂気に満ちた歴史歪曲小説」と批判している。

趙廷來と文在寅が重要視する「表現の自由」の底の浅さ

 趙廷來の発言について韓国で非難が続くと、親文在寅派が主流である民主党は彼を庇い始めている。

 民主党スポークスマンは「趙廷來先生の言葉がやや行き過ぎたとしても、礼儀を守ってほしい」と語った。

 よくよく見れば、民主党が趙廷來を守ろうとする理由も納得できる。

 趙廷來は以前から文在寅大統領を支持し、今年1月の文化芸術家の行事では、文大統領夫妻のそばで乾杯して親交を誇示した。

 趙廷來は国家保安法違反の疑いで取り調べを受けたこともあり、同法の廃止を主張した。

 ところで、文在寅大統領もかねてから国家保安法の廃止を促してきたが、その理由について「表現の自由」と「思想の自由」を挙げてきた。

 もちろん趙廷來もこれに対する同様の見解を示してきたが、それなら「日本留学をすれば、親日派」という彼の主張も、こじつけに過ぎないことになる。

 個人の表現と思想の自由を重要視するなら、韓国人が日本に留学する自由も、日本と交流する自由も、日本人と友達になる自由も、日本の文化を学ぶ自由も、日本人と結婚する自由も尊重されなければならない。

 趙廷來は2007年10月、南北首脳会談に招待されて平壌を訪れ、金正日(キム・ジョンイル)総書記に会ったりもした。

 趙廷來は金正日総書記と握手をし、「気分が良かった」と振り返った。

 核兵器を担保に周辺国を脅かし、一党独裁を維持する北朝鮮を美化する小説を書き、金正日総書記と握手して気分が良いという自身の自由は大切で、他人の自由は無視するということなのか。

 回りくどい説明をせずに、「私は北朝鮮が好きで、文在寅を支持するが、日本を憎悪するだけ」と言ってはどうか。

韓永(ハン・ヨン)
検察担当記者などを経て現在フリー

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月18日 掲載