“人生というゲーム”に挑む「弱キャラ友崎くん」ティザーPV公開 主題歌は声優ユニット「DIALOGUE+」

写真拡大 (全2枚)

(C)屋久ユウキ・小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

屋久ユウキ氏のラブコメディ小説(小学館刊)をテレビアニメ化する「弱キャラ友崎くん」のティザープロモーションビデオが公開された。また、オープニングとエンディング両主題歌を、8人組声優ユニット「DIALOGUE+」が担当することが決定した。

同作は、累計発行部数100万部を突破し、「このライトノベルがすごい!」(宝島社刊)の文庫部門で4年連続トップ10に選ばれている人気作。テレビアニメ版は「りゅうおうのおしごと!」「私、能力は平均値でって言ったよね!」のproject No.9がアニメーション制作を担当し、2021年1月から放送を開始する。

ティザーPVでは、友だちも彼女もおらず「人生はクソゲー」とうそぶくゲーマー高校生の友崎文也(CV:佐藤元)が、関友高校が誇るパーフェクトヒロインの日南葵(金元寿子)と出会い、隠れた努力家である彼女の指南を受けながらリア充になるべく「人生というゲーム」の攻略に挑んでいく物語の導入部が、声付きで描かれる。

「DIALOGUE+」が歌うオープニング主題歌「人生イージー?」と、エンディング主題歌「あやふわアスタリスク」のCDは、2月3日に2枚同時発売される。

また、アニメ版公式サイトでは、文也や葵をはじめ、七海みなみ(長谷川育美)、菊池風香(茅野愛衣)といったメインキャラクター総勢9人の設定も公開された。

そのほか、佐藤と金元がMCを務めるWeb番組「弱キャラ友崎くん おしゃべり人生攻略」の配信も決定。初回はゲストに長谷川を迎え、10月18日午後7時30分からニコニコ生放送でスタートする。12月までは月1回更新の動画番組、1月以降はアニメと連動した毎週更新のラジオ番組として配信される。