テニス美女が27歳の誕生日を祝ってロードトリップ

写真拡大

テニスの元世界女王ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は、「全仏オープン」では3回戦で敗退してしまったが、すぐに気持ちを切り替えて人生を楽しんでいるようだ。米テニスメディアBaselineが報じた。

「小さくプレーするには人生は大き過ぎる」とInstagramに書いているムグルッサは、先日27歳の誕生日を迎えた。


誕生日当日のムグルッサは、2つのグラスに赤ワインをついで祝った。そして楽しみは週末まで続いた。世界ランキング15位のムグルッサは、ジュネーブの友人たちと、ディナーと大きなアイスクリームケーキを楽しんだ。ムグルッサが写真につけたコメントは「1年分賢くなったことに乾杯」


グランドスラムで2度優勝しているムグルッサは、今年の「全豪オープン」でも決勝に進出したが、ソフィア・ケニン(アメリカ)に屈した。


そしてムグルッサは、現在はイタリアで、気ままな旅をしているようだ。車の窓に肘をついて微笑む写真に、ムグルッサは「ロードトリップ、つまり気ままで自由!」と言葉を添えている。


女子プロテニスツアーでは今年の残りの大会の多くは中止となってしまったが、ムグルッサは10月19日開始予定の「J&T銀行 オストラバ・オープン」(チェコ・オストラバ/10月19日〜25日/ハードコート)にはまだエントリーせず、コートを離れて楽しんでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのムグルッサ
(Photo by Baptiste Fernandez/Icon Sport via Getty Images)