(C) 舞台『⼑剣乱舞』製作委員会 (C) 2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus

写真拡大 (全7枚)

「科⽩劇 舞台『⼑剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶」(※正式タイトルは”綺伝 いくさ世の徒花”に取り消し線が入りる)のコラボレーションカフェが11月16日までの予定で現在開催中。グッドスマイル×アニメイトカフェ秋葉原・大阪日本橋、アニメイトカフェショップ仙台の3店舗で行われており、秋葉原店に一足先にお邪魔してきたので、その様子を紹介する。


▲開催概要

今回コラボしている作品、「科⽩劇 舞台『⼑剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶」は、刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案として、2016年から上演されている舞台作品の最新作。コロナ禍により、「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」が中止されたことを受けて、新形態の ”科白劇(かはくげき)” として今年7〜8月に上演されたもので、歌仙兼定役の和田琢磨、山姥切長義役の梅津瑞樹、にっかり青江役の佐野真白らが出演した。

▲店内には刀剣男子のタペストリーも飾られている

コラボカフェでは、同作をイメージしたユニークなネーミングのフードやドリンクが提供されるほか、限定グッズなども販売。店内には、同作に登場した刀剣男士8振りのタペストリーが飾られたり、各テーブルには刀剣男士のマットが敷かれており、気分を盛り立ててくれる。また、設置されたモニターでは舞台の稽古映像が上映されており、刀も展示されていた。


▲「亀甲貞宗のデザートプレート」を試食。イラストシートも付いてくる

内覧会では、「地蔵行平の巻き寿司」と「亀甲貞宗のデザートプレート」の2品を試食。巻き寿司は卵焼きやかんぴょうなどの具材が入っており、煮物やゴマ団子などが一緒に添えられているので、一皿で十分満足できる内容になっている。「亀甲貞宗のデザートプレート」は、いちご大福にショートケーキ、アイスなどが載った和洋取り混ぜた欲張りなプレート。「なおも襲い来る時間遡行軍、相対するは歌仙兼定の戦い!『ラベンダーティ』」など刀剣男子になりきって風流に全文読み上げたくなるような、楽しいネーミングのドリンクと一緒に楽しむのがお薦めだ。なおコラボメニューを注文すると、刀剣男士のコースターがランダムで1枚プレゼントされる。


▲フードメニューは980円〜1100円(税込)


▲コラボメニュー注文毎に1枚貰えるコースター(ランダム)

また、限定グッズも取り揃えるグッズ販売コーナーには、CoLotta(アクリルプレートのキーホルダー)、ダブルポケットクリアファイル・アクリルキーホルダー・ブロマイドカバーが入ったグッズセット、クリアテイスティBOX、キャンドルといった限定グッズに加え、パンフレットなど公演グッズも並ぶ。
 
コラボカフェは、11月16日まで東京・大阪・宮城の3店舗で開催。全日程抽選予約制のため、申し込みはお忘れなきように!
【店舗内で撮影した写真や、ドリンク・デザートメニューの写真を見る】

 
※「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶」の「綺伝 いくさ世の徒花」は取り消し線ありが正式表記。

(C) 舞台『⼑剣乱舞』製作委員会 (C) 2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus