(C)&TM Lucasfilm Ltd.

写真拡大 (全2枚)

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」では、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場する帝国軍の最終兵器 ”デス・スター” と「ダース・ベイダー」の搭乗機 ”タイ・アドバンストx1” をモチーフとしたドライブレコーダー『スター・ウォーズ/ドライブレコーダー』の予約受付を2020年10月16日(金)13時より開始した。

遠い昔、遥かな銀河系で繰り広げられる帝国と反乱軍の戦いを描いた、スペースオペラの代表作『スター・ウォーズ』。『エピソード4/新たなる希望』は、銀河帝国樹立から19年後が舞台。砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。

この度登場するドライブレコーダーは、世界的人気を誇る映画シリーズ『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場する帝国軍の最終兵器 ”デス・スター” と、「ダース・ベイダー」が搭乗した ”タイ・アドバンストx1” をモチーフにしたもの。

フロントカメラは ”デス・スター” のディテールを緻密に再現し、スーパーレーザー砲の位置に、レンズ画角対角144度の広く鮮明な撮影ができるレンズを装備。背面の1.3インチLCDカラー液晶モニターによって、記録した映像を美しく映し出すことができる。

リアカメラは、両翼が特徴的な ”タイ・アドバンストx1” を採用。機体中央のコックピット部分にレンズを構え、車両後方の映像を捉える。

いずれも高精細200万画素のCMOSセンサーにより、1920×1080の高解像度なFull HD画質で映像を記録できる上に、その他にもGセンサーによる衝突検知や、安全運転支援機能など充実した装備が魅力。別売りの常時電源ケーブルと接続することで、最大24時間録画も可能だ。


>>>フロントカメラ、リアカメラ、モニターなど詳細画像を見る

(C)&TM Lucasfilm Ltd.