「命に関わってくるかも」新型コロナで献血者が激減

写真拡大

 新型コロナウイルスの影響で在宅勤務などが広がるなか、献血に協力する人が激減し、関東などで輸血に必要な血液の在庫が逼迫(ひっぱく)していることが分かりました。

 日本赤十字社によりますと、在宅勤務やオンライン授業が広がり、これまで企業や大学などで行われていた献血が相次いで中止になっています。延期されていた手術が再開したことで血液の需要が高まり、10月に入ってから関東甲信越で輸血に必要な血液の在庫が適正な量を下回っているということです。

 神奈川県赤十字血液センター・大久保理恵副所長:「必要な患者さんに必要な血液の量をお渡しできない。そういう命に関わってくることが出てきてしまうかもしれません」

 日本赤十字社は献血への協力を呼び掛けています。