多くの共感を呼んでいる(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

<大好きです。頑張って><スッと胸に入ってきました>――。ネット上では、励ましのメッセージと好意的な意見が続く。文芸春秋11月号で「留学の話」と題したコラムを載せたタレントの光浦靖子(49)に対してだ。

お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

 この内容が15日、文春オンラインで<「49歳になりまして」芸歴28年・もう一つの人生も回収したい>とのタイトルが付けられ、ネット上で公開されると、たちまち話題となり、テレビのワイドショー番組でも取り上げられるほどになった。

 コラムの内容は、光浦が4月から予定していたカナダ留学が新型コロナの影響で急きょ、取り止めになったことや、留学を決めた理由などをつづっているのだが、注目は自分自身を冷静に客観視する光浦の文章、表現力だろう。

<私は独身です。旦那も、子供も、彼氏もいません。わかりやすく私を必要としてくれる人が側にいません。年齢に比例して増えてゆく休み、そりゃ不安になりますよ。長い夜、思っちゃいますよ。「私は誰にも必要とされていない」と。>

<自分に満足するもしないも、他人からの評価でしか決められない。このままいくと、私はいつか、壊れるな。どうにかしなきゃ。>

<もうすぐ50歳、もう考え方を変えられるほど柔軟じゃない。だったら、ひん曲がったなりにナチュラルに生きてみよう。>

「アラフィフ」を迎えた女性の複雑な感情を前向きに表現している光浦の姿勢が多くの共感を呼んだようだ。

「49歳」と言えば、医師でタレントの西川史子(49)も今年3月、13年にわたってレギュラーを務めたTBS系「サンデー・ジャポン」を降板。自身のインスタグラムで医師に復帰することを明かしていたが、女性にとって「50歳前後」は自分自身を見つめ直すタイミングなのか。

 明大講師の関修氏(心理学)がこう言う。

「今の企業は多くが60歳定年であり、男女に限らず、50歳という年齢はリタイアまでの10年間を考える時期です。とりわけ女性は、年を重ねることに対してポジティブな近藤サトさんのような人は別として、容姿から始まり、意識が敏感になりやすい。女優やタレントであれば、これまで芸能界で作り上げてきたイメージもあるため、さらに傾向が強くなるでしょう。光浦さんの場合は、そうした複雑な内面を文章で表現することで感情をコントロールし、うまくバランスを取っているのだと思います」

<仕事も友人も住む場所も、「世界はここだけじゃない」を知ったら、どれだけ強くなれるんだろう。私はそれを知りたいのです。>

「第7世代」だか何だか知らないが、薄っぺらなコメントしかできない芸人よりも、テレビは光浦のような深みのあるタレントを重宝するべきだろう。光浦にはこの先も多方面で才能を発揮してほしいものだ。