こじらせ中年のままって可能性もね(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 今田耕司(54)がまた美女の“お持ち帰り未遂”で騒がせている。13日発売の写真誌「フラッシュ」は今田がモデル・河内セリア(28)と3万円の寿司デートを楽しんだ後、行きつけのバーで3時間を過ごし、タクシーで深夜2時に自宅マンション前まで行きながら、今田一人が降りて帰宅した顛末を報じている。洗練されたアラフィフ男性の紳士的なデートにも見えるが、これが今田となると「またか……」と残念な印象がぬぐえない。

地上波お試し復帰の徳井と“断絶”宮迫…埋まらない2人の差

 今田は今年に入ってから女優の有沢雪(29)や一般女性との密会を報じられた。過去にさかのぼれば、14年には自身の出演番組のスタッフ女性とのデートも明るみに出た。ピースの又吉直樹(40)やナイナイ岡村隆史(50)ら通称「アローン会」のメンバーたちとの合コン現場もたくさん撮られてきたが、結婚どころか“決定的な瞬間”すら撮らせていない。

 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

■こじらせ中年から志村けんさんのように…

「今田さんは潔癖症で神経質な性格で知られていますが、もしかしたら、たくさんの女性と知り合い過ぎて自分で好き嫌いを判断できなくなってしまっているのではないでしょうか。コロナ禍で密な宴会も減ったし、勢いで一線を越える年齢でもないということでしょう。ただ、下ネタを話したりボディータッチをしたりしないナイスミドルは若い女性にとって清潔で魅力的に映るのかもしれません。今田さんは見た目も若いし、場合によってはこのまま“いいオジサン”として年を重ねていくことになるかもしれません。亡くなった志村けんさんのように、70歳になっても若い女性に喜んで遊んでもらえる珍しいタイプの芸能人になる可能性を秘めています」

 今田は結婚願望を口にすることもあり、完全な独身主義者ではなさそうだ。実際、過去には半分ネタで「年齢25歳前後」「ハーフもしくはロシア人」といった“細かい条件”を挙げていたが、最近は大っぴらに言うことも減った。

 価値観は人それぞれだし、コロナ禍に美人モデルが深夜デートに付き合ってくれるだけでもすごい。程よい距離感を保ちつつ、しばらく大人の恋愛を楽しむ方針にシフトしつつあるのかもしれない。