Vivaldi Technologiesは10月15日、「Vivaldi browser launches configurable context menus, periodic page loading, and a built'in arcade game」において、WebブラウザVivaldiの最新版となる「Vivaldi 3.4」の公開を伝えた。Windows版、Mac版、Linux版、Android版が提供されている。

Vivaldi 3.4の主な新機能は次のとおり。

編集可能なコンテキストメニューの導入とカスタムリンクのサポート機能を追加

スクリーンショットをメモに直接添付する機能を追加

改善されたクイックコマンドとショートカットキーおよびジェスチャー機能

スピードダイヤルにフォルダ作成機能を追加

タブを指定秒で自動再読み込みさせる機能を導入

アバター画像としてローカル画像を指定できるように変更

アドレスバーの改善

ブレークモードの改善

Picture-in-Pictureウィンドウをより大きくできるように変更

そのほか各種改善

また、Vivaldi 3.4には「Vivaldia」と呼ばれる、80年代っぽいアーケードゲームが内蔵されたという特徴がある。次のスクリーンショットのような横スクロールベースのゲームで、PCの場合はキーボードから操作する仕組みになっている。アドレスバーから「vivaldi://game/」にアクセスするか、スピードダイヤルの右下に表示されている丸いアイコンをクリックすることでプレーを開始できる。

Vivaldiaプレーサンプル

Vivaldiはシェアの小さいWebブラウザだが、主要ブラウザが搭載しない機能を積極的に取り込むという特徴を持っている。今回Vivaldi 3.4に組み込まれたゲームはPorcelain Fortressが開発したもの。人々からアイデンティティを盗んで無個性な集団にしようとする組織に立ち向かうというシナリオになっており、Webブラウザの開発に取り組む同社の姿勢を反映した内容になっている。