『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3

写真拡大

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が2021年1月23日(金)に決定した。10月16日公開の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の上映前に、予告映像が流れ明らかになった。

【映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2021年1月23日に公開決定の画像・動画をすべて見る】

庵野秀明監督による『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は当初、2020年6月27日の公開が予定されていたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を受け、4月に延期が決定していた。

ついに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開日が決定



TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』として1995年からスタートした「エヴァンゲリオン」シリーズ。2007年には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」として再始動。『序』『破』『Q』の3作が公開されて大ヒットを記録した。

新劇場版シリーズ最新作にして完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日は、一度は2020年6月に決定。その情報が明らかになったのは2019年。新海誠監督の映画『天気の子』上映前の特報映像だった。

その後、コロナ禍での公開延期が決まった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』だが、以降、「新劇場版」シリーズはYouTubeでの無料公開やNHKでの放送、LINE LIVEでの一挙配信を展開。

「エヴァンゲリオン」シリーズとしてちょうど25周年となった10月4日に行われたLINE LIVEでの配信を筆頭に、放送後・配信後になんらかの大きな発表──まさに公開日の決定──があるのではないか? と予想していたファンも少なくなかった。

一方で、前述の通りかつて『天気の子』で公開日が明らかになったため、「年内に公開する映画で公開日が発表される」「そうだとしたら『鬼滅の刃』では?」と、推測を巡らせていたのは筆者だけではないだろう。

実際、筆者は10月16日7時から『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を見に行き、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の予告映像を目にした瞬間「やっぱりここでか〜〜〜!」と、喜びと興奮を感じたのも事実だ。

庵野監督のコメントにやきもきしたファンもニッコリ



「エヴァンゲリオン」シリーズが25周年を迎えた当日、庵野監督は株式会社カラーのTwitterを通じてコメントを発表。

「1993年に最初の企画書を書いてから未だにエヴァの作業に携わり、延べ17年間も関わり続けるとは思いませんでしたが、これでようやく終わります」と放送から四半世紀を振り返った。

同時に「コロナ禍により世の中も現場も大変ですが、作品完結までもう少しなので頑張ります」とつづり、まだ完成していないことを明らかにしており、一部のファンをやきもきさせていた。

直近にそうした動きがあった中での公開日決定。思っていたより早かった? それとも遅い?──人によって感じ方はさまざまだだが、いずれにしても公開日の決定はまさに吉報。相変わらず前振りなしの唐突な発表にエヴァらしさを感じつつ、早くも2021年が楽しみになってきた。

(c)カラー