ノブコブ吉村、縁起の悪い?本名に関するエピソード明かす「おじいちゃんが…」

写真拡大

10月14日深夜、テレビ朝日系『いいねの森』に平成ノブシコブシ吉村崇が出演した。

【別の記事】ノブコブ吉村、約1億5,000万円で購入予定の“あるもの”を明かし「開拓したい」

番組では冒頭、本名に関する話題が展開。出演者の渡辺直美から吉村の名前について「吉村さんって別に、吉村崇では覚えないじゃないですか。“ノブコブの吉村さん”じゃないですか?」といった声が飛ぶ場面があった。

本人がこれに「読めないしね、あれでタカシって」と同意すると、渡辺は「祟りですもんね」とコメント。

渡辺の発言に、吉村は「すごいやめて、一番縁起の悪い名前なんだから、ほぼ祟り」「おじいちゃんが言ったんだよ『間違えちゃった、ほぼ祟りだな』」と、自身の名前である“崇”の文字と“祟り”の字面が似ていることについて触れ、スタジオの笑いを誘った。