「鬼滅の刃」2本立てインタビュー、第1弾は花江夏樹!

写真拡大 (全4枚)

「鬼滅の刃」2本立てインタビュー、第1弾は花江夏樹!
ヘアメイク:加藤ゆい(Hair&Make-up fringe)
スタイリスト:村田友哉(SMB International.)

2019年4月から放送され、幅広い世代から人気を博しているテレビアニメ「鬼滅の刃」。その続編となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が10月16日に公開されることをうけ、キャストインタビューを2本立てでお届け! 第1弾は主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江夏樹。劇場版の炭治郎の印象、これまで炭治郎から学んだこと、アフレコで圧倒された共演陣の演技とは? さらに、「現場において、自身は“何柱”だと思うか」と問うと、声優を志した頃から目指しているという“声優としての在り方”を教えてくれた。(取材・文・写真/編集部)

本シリーズは、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)に16年2月〜20年5月に連載された、吾峠呼世晴氏の人気漫画が原作。鬼に家族を殺された主人公・炭治郎が、鬼に変ぼうしてしまった妹・禰豆子(CV:鬼頭明里 ※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」)を人間に戻すため、政府非公式の組織「鬼殺隊」の一員として戦う姿を描く。劇場版は、テレビシリーズの最終話「新たなる任務」から連なるストーリー。次なる任務の舞台、無限列車に到着した炭治郎、禰豆子、善逸(CV:下野紘)、伊之助(CV:松岡禎丞)が、“炎柱”煉󠄁獄杏寿郎(CV:日野聡 ※煉獄の「煉」は「火+東」)とともに新たな鬼に立ち向かう。

劇場版で見える、炭治郎の成長と強い覚悟
戦いの一瞬一瞬に「緊迫感がある」

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

――大ヒットしたテレビシリーズを経て、初の劇場版となりますが、どのような思いで臨まれたのでしょうか。

プレッシャーはありませんでした。ただストーリーにおいては、今回は今までよりも強い敵が登場しますし、炭治郎たちにとっては任務中いつどのタイミングで命を失うかわからない、一瞬一瞬に「もしかしたら最後になるかもしれない」という緊迫感があるので、そこは大切にしようと演じました。

――テレビシリーズでは途方もない鍛錬を積み、多くの死闘をくぐりぬけてきましたが、劇場版の任務においては炭治郎のどういった強さや成長が見られますか?

今回は今まで以上に強い敵なので、炭治郎は強い覚悟で任務に挑んでいると思います。柱である煉獄さんと共闘する任務も初めてなので、柱の強さを目の当たりにしたことで、より自分に足りないものが見えてきて、「がんばらなきゃ」「柱みたいになりたい」という気持ちも強かったのではないでしょうか。

またテレビシリーズでは、戦っていない間に“修業”を積んでいる描写もあったので、突然強くなったのではない、炭治郎の成長を感じています。精神的な面でも、より冷静な判断ができるようになってきていると思います。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

――どこまでも真っすぐな炭治郎だからこそ、演じるうえで難しい部分もあったのではないでしょうか?

「ギャグシーンはどこまでキャラクターを崩したらいいのか」という点は難しかったです。例えば、笑える場面でも「炭治郎は、真面目な気持ちで話している」というバランスの面白さがあるので、その塩梅というか。顔も思いきりギャグになっているところは思いきりくずしていいけど、真顔で話しているところは、面白さを狙わずに素直な気持ちで言おうとか。そういった部分を心がけるのは大変でした。