偽造したとみられるカードで160万円の被害 不正アクセスは16件

ざっくり言うと

  • 山梨中央銀行などが、不正な現金の引き出し被害が相次いでいると発表した
  • 偽造されたとみられるカードが使われ、これまで計160万円の被害が出ている
  • 同銀行では14日までの3日間、県内外のATMで16件の不正アクセスが確認された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x