3回、巨人・坂本の遊ゴロで松原を二封し一塁へ転送する広島・菊池涼(撮影・金田祐二)

写真拡大

 「巨人−広島」(14日、東京ドーム)

 広島の二遊間が好守備で先発・遠藤をもり立てた。

 三回、無死一塁。坂本の一打は二遊間を襲う鋭いゴロ。遊撃・田中広は横っ飛びで好捕すると、二塁ベースカバーに入った菊池涼にトス。菊池涼は二塁ベースを踏みながら体を反転、そのままノーステップで一塁に矢のような送球を送るビッグプレーで、併殺を完成させた。

 菊池涼は四回無死からの丸の一、二塁間への痛烈な一打を好捕。ジャンピングスローでアウトに仕留める好プレーを披露。ピンチを未然に防いだ。