日本マイクロソフトは10月14日、顧客、パートナー企業、開発者を対象に、ニューノーマルにおいて新しい働き方やデジタルトランスフォーメーションの実現を支援するプロジェクト「Azure Base」を開始すると発表した。

「Azure Base」はAzure事業の今年度の戦略の1つである「クラウド導入プロセスの標準化とクラウドセンターオブエクセレンス文化の醸成」を実現する施策として実施される。具体的には、マイクロソフト製品の発信基地として、代官山のフラッグシップ拠点をベースに、当初は全国10拠点で展開される。2021年第1四半期には全国12拠点が稼働を開始する。東京、大阪、佐賀の「Azure Base」はマイクロソフトの直営拠点となるが、それ以外の「Azure Base」はパートナーが運営する。

「Azure Base」の各拠点

「Azure Base」の各拠点の概要

「Azure Base Daikanyama」のエントランス

「Azure Base Daikanyama」の内装

マーケティング& オペレーション部門 Azure ビジネス本部 プロダクトマネージャーの柴田大樹氏氏は、「Azure Base」の役割として、「Azure を活用したパートナーソリューションの展示、実証実験の場」「Teams Live Studio」「イベント・セミナーを通じた地方創生およびデジタルトランスフォーメーション実現の支援」「オンラインでの情報提供」を挙げた。

日本マイクロソフト マーケティング& オペレーション部門 Azure ビジネス本部 プロダクトマネージャー 柴田大樹氏

Teams Live Studioはコラボレーションツール「Microsoft Teams」を活用した Live 配信・動画配信のためのスタジオ。オンラインの Virtual Azure Base を通してリモートワーク移行における Teams 導入の相談窓口も設置される。当初は、代官山(東京)、大阪、福岡、沖縄でスタートする。

トレーニングに関しては、 Teams や Microsoft Azure、Dynamics 365 などのマイクロソフト製品に関するハンズオンが開催される予定。

「Azure Base」の用途としては、「アイデアソンやハッカソンの場」「働き方改革やデジタルトランスフォーメーションを推進するためのオンライン&オフラインの場」「マイクロソフト製品の勉強会やハンズオン会場」などが想定されている。

「Azure Base」では、オンライン上で、全国各地のAzure Baseで実施されるセミナーやイベントを観覧したり、Azure に関するトレーニング映像や各種自習資料を利用したりできる「Virtual Azure Base」も提供される。利用者はアバターとして参加し、全国に展開されている Azure Baseの仮想空間へ無料でアクセスできる。Virtual Azure Baseは2021年第1四半期に提供が予定されている。

開発中の「Virtual Azure Base」のイメージ